Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

絵の価値がわからない?なぜ値段が高いか海外の基準をわかりやすく!

世界で一番、高額な絵の値段は
495億円です。

とても高くないですか?(^_^;)
高すぎじゃないですか?

なぜそれほど値段が高いのか?
絵の価値がわからない理由など
海外の基準を交えて
わかりやすく解説します。

ぜひ御覧ください(・∀・)

絵の価値がわからない?アートって何?

 

価値“について一般的な
意味を調べてみると

 

  • どれくらい大切か
  • どれくらい役に立つか
  • 値打ち

とあります。

 

例えばスマホ

 

  • どれくらい大切か
    現在では仕事にかかせなくなりました

 

  • どれくらい役に立つか
    常にネットに繋がって便利

 

  • 値打ち
    上位機種だと10万円

 

これって多くの人が共有できる
価値ですよね。
お値段も納得です。

 

では絵の価値、お値段について
現在の最高額の絵を調べてみると

 

レオナルド・ダ・ビンチの
『サルバトール・ムンディ』

お値段、495億円です$$$

たっ高い!!

 

実際の作品を見てみると
技術的にも上手い絵ですよね。

 

じゃあこちらの絵はどうでしょう?

ピカソの作品で『アルジェの女たち』

落札価格は 200億円です(´・ω・`)

ピカソの作品はなぜ高い?絵画の価値や値段の付け方をわかりやすく!

 

この他にも
デ・クーニング『インターチェンジ』

334億円!

 

ポロック『ナンバー17A』

223億円!

 

こんな絵だったら自分にも描けそうじゃないですか?
っていうか落書き??

 

絵の価値について
値段が高い作品があることは
わかりました。

 

しかし

 

  • どれくらい大切か?
  • どれくらい役に立つか?

 

まーったくわかりませんよね

 

っていうかスマホと比べると
絵って役には立たないのに
なんでこんなに価値(値段)が
高いんでしょうか?

 

“絵の価値がわからない”
そんなあなたに絵の価値について
わかりやすく解説します。

 

絵の価値でなぜ値段が高いかわかりやすく!

 

一般的な”絵の値段”、美術品の価格は

  • 需要と供給のバランス
  • 歴史的・美的な価値
  • 希少性

 

この3点で成り立っています。

 

ピカソを例に考えてみると….

 

ピカソは美術の歴史に名を残した
世界的に有名な画家です。

 

絵は歴史的・美的な価値が高いです。
世界的に大切な作品になっています。

 

 

アートのマーケットではピカソの絵の需要は高く
多くの人が欲しがっています。

 

そしてピカソは他界しているので
作品数は限られています。

 

世界的な需要より供給が少ないので
絵の希少価値が高まります。

 

結果としてピカソの作品は
200億円まで値がつり上がったのです。

 

しかし…1枚の絵が200億円って
高すぎないですか~

 

この理由はアートの市場が大きく

  • プライマリー・マーケット
  • セカンダリー・マーケット

2つの種類があるからです。

 

プライマリー・マーケットとは?

直訳すると「第一段階の市場」という意味で
簡単に説明すると、アーティストが直接
作品を売買することを指します。

 

アーティストが新しい作品をギャラリーで
発表、販売する、第一段階の売買取引です。

 

アーティスト、またはギャラリーが設定した
価格で作品が取引されます。

 

セカンダリー・マーケットとは?

 

直訳すると「第2段階の市場」という意味で
一度売買された作品を市場に出すことを指します。

 

世界的に有名なクリスティーズやサザビーズといった
有名な美術オークションは
このセカンダリー・マーケットです。

 

需要に比例して作品の価値が無限に上昇するので
ピカソの絵に200億円もの価格がつきました。

 

価格は時代によって変動しますが
ピカソの作品は今後も価値を高めそうです。

鑑賞はもちろんですが
資産価値としても役立ちます。

 

絵の価値で海外の基準とは?日本との違いは?

 

そもそもピカソを知らなければ
海外で絵の値段が高いのか?
理由もわからないと思います。

いきなりニュースで
ピカソ200億!と報じられても
日本ではなんのコッチャです(^_^;)

 


ある一定の人には
特別な価値があるのです。

 

海外では教養の一つとして
アートの教育が日本よりも盛んな印象です。

 

ハポネコが訪れたオランダでは
美術館の中で子どもたちが集まって
一つの作品をみんなで鑑賞していました。

 

先生が作品について説明するというより
子どもたちが自分の感じたことを
自分の言葉で表現していました。

 

自国の文化や歴史的背景を
理解していく活動です。

 

一方で日本では西洋の文明を取り入れるために
芸術や美術、恋愛といった新しい言葉を造り
国が芸術大学や美術館を立ち上げて
一気に西洋化に方向転換しました。

 

美術と芸術の違いや意味は?アートとは何か初心者にも簡単に解説!

 

それまでお寺に絵馬など奉納していた文化から
いきなり西洋の絵を理解していこうとしても
まだ馴染みが薄いんだと思います。

 

西洋の絵画については
ヨーロッパの国々では1000年以上の文化の積み重ね
日本では120年ほどです。

 

日本では”マンガ”の方が歴史的にも
画として伝統や歴史はあるのですが
1点の絵が200億で売れる市場は無いですよね~

 

なので
絵の価値がわからない?
なぜ値段が高いのか?
そう感じるのは日本人であれば
当たり前なのかもしれません。

 

でも市場が2種類あることがわかると
絵の価格や価値はわかりやすいと思います。

 

まとめ

絵の価値がわからない?
なぜ値段が高いか海外の基準をわかりやすく
解説してみました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です