美術と芸術の違いや意味は?アートとは何か初心者にも簡単に解説!

Hola~ こんにちは ハポネコです

今回は美術と芸術の違いや意味について調査!
アートとは何か?についても調べてみました

日本と海外ではちょっと意味や歴史的背景が違うんです

初心者にもわかりやすく簡単に解説していますので
ぜひご覧ください(・∀・)

美術と芸術の違いは?初心者にもわかりやすく解説!

 

結論から述べると
芸術の一分野が美術です

 

日本の芸術のカテゴリーでは

文芸(言語芸術)
美術(造形芸術)
音楽(音響芸術)
演劇・映画(総合芸術)

大きくこの4つに別れていて
デザイン(応用芸術)
芸術の一分野として含まれています

 

この他に芸術はマンガやアニメ
茶道や料理など複数のものが
組み合わさっている場合もあります

 

芸術の中に美術という分野が
含まれているので
美術と芸術は違う意味を持つ言葉になります

 

美術の種類やジャンルには

絵画(洋画・日本画)
浮世絵
彫刻・彫塑
折り紙
庭園
書道
工芸
華道(いけばな)
陶芸
建築
写真

 

これだけの種類があります
庭園や建築も美術なんですね

 

日本では視覚によってとらえることを目的として
表現された造形芸術(視覚芸術)の総称を
美術という言葉で表現しています

 

たしかに庭園も建築も
視覚によって捉えられる場合は美術なんですが
空間芸術ともいえますよね

 

美術の意味はちょっと曖昧な点も多くて
空間芸術であるインスタレーションや
映像・パフォーマンス
イラストレーション、デザインや工芸も
美術と呼ばれることがあります

 

日本の教育では
小学校では図画工作
中学校では美術
高校では選択科目で美術があり
大学でいよいよ芸術を勉強するのが
一般的ですよね。

 

なので義務教育である中学で習う
美術の教科書に乗っている内容が
一般的な日本での美術のイメージだと思うのです

 

ボクは高校の時に美術科に入学して
少しだけ早く専門的に勉強することができました
でも言葉の意味については
教えてくれる人がいなかったんですよね(T_T)

 

なぜ美術と芸術の違いについて知りたくなるのかというと
教えてくれる人や場所が少なくてネットで検索して調べるしかなく
日本語の言葉の意味が曖昧だからではないでしょうか

 

美術と芸術の意味の語源や
ちょっとした歴史について調べてみたので
どうぞご覧ください(・∀・)

 

美術と芸術の意味が曖昧?初心者にもわかりやすく解説!

 

芸術の意味なんですが
芸術とは表現者(アーティスト)が表現物(アート作品)をつかって
鑑賞者と相互に作用することで
精神的・感覚的な変動を得ようとする活動です

 

音楽やパフォーマンスでは
物を使わない場合もありますね

 

その中で視覚的な表現物を使うのが
美術という分野になります

 

美術は英語でファインアート(純粋芸術)
ビジュアルアートまたはアートと表記されます

 

芸術もアートなので英語では同じ言葉で表記されますね
っとするならば

美術=アート=芸術…..

 

うーん 日本語では違うのに(T_T)
英語では意味が一緒になるとは
なんだか違いが曖昧になりますね

 

なぜ美術と芸術の違いが曖昧かというと
どちらも幕末期に海外から輸入された言葉だからです

 

元々、美術と芸術は日本にはなかった言葉なんです

 

幕末以降の和製漢語の例によると

文化、文明、民族、思想、法律、経済、資本、階級、警察、分配、
宗教、哲学、理性、感性、意識、主観、客観、科学、物理、化学、
分子、原子、質量、固体、時間、空間、理論、文学、芸術美術
喜劇、悲劇、社会主義、共産主義、電話

たくさんの新しい言葉が生み出されました

 

これらの言葉を作って広めた人物が凄くて

杉田玄白 (1733-1817)
宇田川玄真(1770-1835)
宇田川榕菴(1798-1846)
市川清流(1824-未詳)
西周 (1829-1897)
福澤諭吉 (1835-1901)
福地桜痴 (1841-1906)
中江兆民 (1847-1901)
森鴎外 (1862-1922)
夏目漱石 (1867-1916)

 

錚々たる偉人が多いのです(゚д゚)!

福澤諭吉は慶應義塾大学の創設者で
現在の日本の教育の礎を作りました
恋愛もこの時期に作られた言葉です

 

この他にも
「自由」、「観念」、「福祉」、「革命」など
元々あった日本の言葉の意味を変えて
西洋に合わせた経緯もあります

 

また「社会主義」などの言葉は
中国語を拡大解釈して輸入されています

 

当時の日本は鎖国が終わり文明開化の幕末で
西洋の植民地化を避けるために
急いで日本を国として世界に認めさせる必要がありました
対等に交渉するために命がけだったんですね

 

西洋の言葉を日本語で作りだす必要があったのです

 


どひゃぁーー

 

議論が出来ない場合は人間以下
(お猿さん)の扱いをうけて奴隷にされ占領されるので
新しい言葉を生み出して国のシステムを
アップデートしないといけなかったわけです

 

同じ時期に美術館や芸術大学も創設して
西洋美術を勉強することが必須になりました

 

日本では慌てて創り上げたので
芸術や美術の奇妙な文脈が出来上がってしまったのです

 

この事も美術と芸術の違いが曖昧な原因の1つだと思うんですよね
海外と日本では芸術の文脈や歴史的背景が大きく違うのです

 

アートとは何か?日本と海外の美術教育の違い?

 

現在ボクは海外に住んでいるんですが
日本と海外では芸術・アートの意味や
反応もまるで違うように感じます

 

先にも述べたようにアートとは何かというと
表現によって
鑑賞者と相互に作用することで
精神的・感覚的な変動を得ようとする活動
なんですが

 

日本の場合はどちらかというと
表現物を見て感じるがままに!言葉はいらない!
作品が全てという風潮が多いようです

 

でも海外では作品を可能な限り言葉化して
論理的に説明するスキルが重要です

 

作品を前にして作家が自分の言葉で語り
プレゼンできないとアウトォ~(゚д゚)!
そんな時が多いんですよね~

 

この違いって日本と海外の美術教育が違うからなんです

 

海外では小さい子供の時から
美術館の作品の前で
作品を鑑賞する授業があります

 

自分で感じたことを自分の言葉で表現するんですね
この体験によって芸術が身近になり
感性や表現も豊かになって
プレゼンや批評する能力も向上します。

 

日本では職人のように技術を向上させる訓練が
美術の授業でも多いようです

 

どちらかといえば日本のマンガやアニメが
海外のアート作品のように身近で
みんなで鑑賞したり批評しあっているような
環境に近いのかもしれません

 

日本の美術や芸術には
優れたマンガやアニメの一部の作品が含まれていて
古典美術の文脈が引き継がれている部分もあります

精神的・感覚的な変動を与えるものであれば
マンガやアニメもアートといえますよね

 

美術と芸術とアートの意味は
日本と海外では違っているのです。

 

なので言葉の意味的には
美術≠アート≠芸術と表記できそうです

 

まとめ

美術と芸術の違いや意味とアートとは何か?
初心者にもわかりやすく簡単に解説しました

 

日本と海外では文脈や歴史的背景が
大きく違うので勉強する時は注意が必要です

 

また別の記事でもお会いいたしましょう
ノスベモス! (・∀・)
最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です