Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

やなせたかしの出身地は高知?名言集や遺産相続と年収がスゴい!

アンパンマンの作者、やなせたかしさん
正確な出身地は高知ではないようです。

作品や詩、名言集を生み出した出生や
年収や遺産相続について
調べてみました。

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください(・∀・)

やなせたかしの出身地は高知?生まれは?

 

アンパンマンの作者で有名なやなせたかしさん
出身地は現在の東京都北区です。

やなせ たかし(本名:柳瀬 嵩)
生誕:1919年〈大正8年〉2月6日
出身:東京府北豊島郡滝野川町字西ヶ原(現:東京都北区)
死去:2013年10月13日)
漫画家、絵本作家、アンパンマンの生みの親

新聞記者だった父の仕事で
上海で暮らしていた時期もあり
また東京へ戻っています。

 

5歳の時に父親がお亡くなりに。

 

そこで家族は父方の出身地である
高知に移住します。

 

その後は伯父(父の兄)に引き取られ
高校まで高知で過ごしました。

 

やなせたかしさんの生まれは東京北区ですが
出身地は高知県香美市と表記されることが多いのです。

 

高知県はやなせたかしさんの縁の土地。

  • 1995年11月にやなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団
  • 1996年7月には「高知アンパンマンミュージアム」が設立。
  • 2001年には電車(ごめんはんなり線と中村・指宿線)の
    キャラクターデザインをやなせたかしさんが担当。
  • 2014年にやなせたかしさんのお墓が建立。
  • 2018年にはアンパンマンホテルがオープン。

すべてやなせたかしさんに縁のある
高知県香美市を中心に設立されています。

 

このため、やなせたかしさんの出身地が
高知県と表記されることが多いようですが
正確には東京都北区なのです。

 

やなせたかしの名言集とは?

 

日本の童謡「てのひらを太陽に」の
作詞はやなせたかしさん。
1962年にNHK「みんなのうた」で放送され
アニメーションも手がけています。

何のために生まれ、

何をして生きる。

わからないまま終わる、

そんなのは嫌だ。

何が君の幸せ?

何をして喜ぶ?

わからないまま終わる、

そんなのは嫌だ。

アンパンマンのオープニングの歌詞も
やなせたかしさんの作詞です。

 

やなせさんは戦争で弟さんを亡くし
人生に対する深い問いかけや
メーッセージを生みだしています。

 

芸術映画でなくても、

見る人の心に残るメッセージは必要不可欠、

それが僕の作品を作る上での信念なんです。

アンパンマンは大人向けの物語でした。
自分の顔を与える自己犠牲の精神など
愛らしいキャラクター裏側には
深いメッセージ性が隠されているのです。

 

やなせたかしさんの生い立ちや
名言集はとてもオススメですよ。

 

 

やなせたかしの年収や作品は?

 

戦争を体験してから三越へ就職。
その後、漫画家を目指したやなせさんですが
作品のヒットはありませんでした。

 

絵本作家・詩人としての活動の前までは
頼まれた仕事はなんでもこなしていて
困ったときのやなせさんと呼ばれる時期も。

 

編集者、舞台美術家、演出家、司会者
コピーライター、作詞家、シナリオライターなど
様々な活動を行っていました。

 

この仕事でいろいろな人脈を築き上げます。

 

アンパンマンが生まれたのは1969年
当初は大人向けの物語でしたが
子供向けに改作し、1973年に発表

 

1988年にはTVアニメ
『それいけ!アンパンマン』が放映され
大人気番組となり売れっ子になったのです。

 

やなせたかしさん、69歳の時です。

 

アンパンマンはアニメ、マンガ
絵本やグッズになり
印税やキャラクターの使用料が入ります。
テレビの放映料や歌の作詞印税も

 

2010年までのアンパンマンを使った
グッズの総売上は1兆1000億円!

 

キャラの使用料が2%で220億円

 

やなせたかしさんの年収は
2億7000万円だったそうです。

 

スゴすぎですね….

 

アンパンマンは長期的に人気で
しかも衰える気配もなく
とんでもないコンテンツなのです。

 

やなせたかしの遺産相続とは?

 

代表作「アンパンマン」で残した
やなせたかしさんの遺産は400億円

 

やなせたかしさんには妻がいたのですが
1993年に先立たれ、子供も親戚もいなかったそう。

 

私生活もかなり質素で
新宿にある自分の持ちビルは
マンガ協会の事務所を
無料で間借りさせたりし
家賃をとってなかったそうです。

 

もし遺言が残ってないのであれば
遺産相続は特定の人へ渡ること無く
400億円は国庫に納められます。

 

こうなってみると、イケメンでなくて本当によかった。
人並み以上の容姿に生まれついたら、この性格では
仕事なんかそっちのけで羽目をはずし
人生の軌道を大きくはずれてしまった可能性大である。
それを抑制するために、神様が容姿風貌を制限されたのだと
大いに感謝しなくてはいけない。

 

やなせたかしさんらしい前向きな言葉です。

 

贅沢もせず、ひたむきに自分の
作品に向き合ったからこそ
50歳後半で才能が花開いた
稀有のアーティストだと思います。

 

作品や言葉が今もなお
勇気や希望を与えてくれます。

 

まとめ

やなせたかしさんの出身地は東京都北区
高知は高校まで過ごした、縁のある土地です。

現在はアンパンマンの聖地になっています。

名言集や遺産相続と年収についても
調べてみました。

何より作品に込められた温かいメッセージが
とても魅力的に感じました。
人との繋がりも素敵です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です