Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

美術家とはどんな職業?仕事の内容を初心者にもわかりやすく解説!

オラー こんにちは ハポネコです。
美術家って職業をご存知でしょうか?

美術家の仕事の内容やなり方を
初心者にもわかりやすく解説いたします。

日本と海外ではちょっと呼び方も違ってたり
面白いですよ~

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください(・∀・)

美術家とは?アーティストとの違いは?

 

美術家とアーティストは
海外では、ほぼ同じ意味になります。
日本ではちょっとだけ意味が違うようです。

 

美術家とは

視覚によって美的感覚や思考を
表現した造形芸術を制作し
それを仕事にしている人

日本では一般的に絵画、彫刻、工芸を制作して
収入を得ている人たちを美術家といいます。

 

この他には平面や立体などにとらわれないで
美的表現を美術的思考のもとに構築し
表現活動するプロも美術家です。

 

具体的には”モノ”を作らないで
インスタレーションなど
空間表現する美術家や
コミュニケーションをテーマにした
“コト”を作る美術家もいたり。

 

日本では聴覚を使った表現をする人を
一般的に音楽家といいますよね。

 

でも英語の表記では美術家も音楽家も
同じアーティストと表現されることが
多い印象です。

 

美術家とは?どんな職業?収入は?

 

美術家の職業とは

視覚によって美的感覚や思考を
表現した造形芸術
絵画や彫刻や工芸を制作し
それを仕事にしている

仕事とは生業(なりわい)なんですが
日本では作品だけ制作して
収入を得ている美術家はかなり少ないです。

 

収入は作品の販売だけでなく
アルバイトや予備校など個人教師
大学教員を職業として兼業する
美術家が多い印象です。

 

兼業する美術家が多い理由の一つに
日本のアートマーケットの規模が
小さいことが考えられます。

 

世界のアートマーケットは7兆6000億円
それに比べ日本は300億円程度です。
世界のシェアの0.4%

 

ちなみにアメリカは3兆円の規模なので
日本は100分の1しか市場がないのです。

 

先進国で資産額1億円以上の個人数は

  • 米国      1565万人
  • 英国        236万人
  • 日本        212万人
  • フランス 179万人
  • ドイツ    152万人
  • 中国        133万人

日本の富裕層は212万人と
先進国でも多いのですが市場は小さい…

 

日本人はアートを買う習慣が少ないため
市場が小さいと考えられています。

 

昔の美術家にはパトロンや協力者がいました。
お金持ちが制作を支えるスタイル。

 

現代の日本でも、奥さんが働いて
ご主人が美術家として制作に没頭するなど
周囲の協力を得て、活動している人もいるようです。

 

美術家の仕事の内容を初心者にもわかりやすく解説!

 

AIの進化にともない
人にしかできない仕事”を探す人が増えてきて
美術家の仕事に注目が集まっています。

 

高齢化で老後の時間や趣味として
美術への関心も増えていますね。

 

絵画では絵を描く画家
洋画家、日本画家、絵師など
様々な制作スタイルがあります。

 

彫刻は石や木、金属など様々な
立体を制作する彫刻家

 

工芸家は陶芸や木工、ガラスなど
幅広いジャンルの工芸品など

 

美術家はそれぞれの作品を制作しています。

 

作品はギャラリーや百貨店などで
展示して販売します。

海外では路上で販売していることも多いです。

 

美術家は自分の美的感覚を形にして
それに感動したお客様が購入するのが一般的です。

 

作品は自分が表現したいことで
『相手が欲しいモノ』とは限らないので
フリーランスの職業としては
かなり難易度が高くなります。

 

売上は作品の個数×価格

 

オリジナルは手作りなので
個数が少ない美術作品は
価格を上げるしかありません。
人気の無い作品は売れにくいのです。

 

以前は人に触れる機会も少なかったのですが
近頃はインターネットで情報発信し
作品をネット販売する機会も多くなりました。

 

美術家になるには?

 

美術家は自分の作品(商品)を作る必要があります。

 

最初から上手な必要はありません。
むしろ初心者はチャンス!です。

 

ハポネコのオススメはその成長過程を
SNSを使って発信する方法です。

 


勉強して学んだことは
まだ知らない人へ発信すればいいのです。

 

そうすれば必ず応援してくれる人が現れます。
必ず誰かが見ていますから。

 

現代はパトロンや応援者をネットで集うことが
可能な世の中になりました。

 

美術大学へ行く必要も無いと思います。
必要な情報はネットで学べます。

 

独学はかなり孤独な作業になりますが
覚悟を決めて勉強を始めると
いろいろ大切な出会いが増えますよ~

 
締めにホームビデオで低画質な
ホラー映画を取り続けている
おっさんの言葉を!


 

チャレンジシしてみたい方は年齢に関係なく
ハポネコへお気軽にお問い合わせくださいね。

 

まとめ

美術家とは?どんな職業で仕事の内容やなり方を
なるべく、わかりやすく解説いたしました
初心者の方でもこれからまだまだチャンスが多い分野です

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です