画家ゴッホが使った!知られざる3つの方法

「炎の人」 、「情熱的な画家」、「狂気の天才」

様々なイメージを持って語られるね。
ゴッホを知らない人はあまりいないんじゃないかな?
世界的に有名な画家だよね。

でもこのブログではあまり知られてない意外に几帳面さが伺える
ゴッホの道具や方法を紹介するよ。

 

 

なぜゴッホは日本でも有名なのか?
理由は美術の教科書に掲載されているからじゃないかな。
ボクは小学校のときに刷り込まれたようなような気がする。

 

生涯に一枚しか売れなかったというエピソードも有名だし
耳を切り落とした後の自画像もあるよね。
画商である弟のテオが仕送りして支えていた話も。

 

かなりプライベートは問題児
ただ作品に力があればそれもエピソードとして語られるけど
もしも絵という表現方法がなかったら
なかなかあぶなっかしい人 まちがいない…..

 

 

ボクの初めての海外旅行はオランダ。
まず最初に訪れたのがゴッホ美術館だった。
すごい密度の絵が所狭しと展示されていたけど

ゴッホは本格的に絵を描いた期間、わずか10年しかないよ

いやー 実物をみると 信じられないくらいの一点集中力。
ゴッホの作品が時代を超えて伝わってくる力強さを感じたよ。

ゴッホは具体的にはどんな道具を使って制作してたんだろう?
その一部をご紹介するね。

 

 

1.竹ペン


骨太というか力強い。
ゴッホの何気ない日常をきっちり
絵に仕上げる集中力がすごいよ。
ドローイングも傑作が多い。
この竹ペンを使ったシリーズがボクは好きかな。
タブロー(絵)のタッチと似ていて
ゴッホの筆圧が感じられる心地良いリズム。

 

 

 

 

2.毛糸


画家にもよるけれどキャンバスに色を塗る前に
色味帳でチェックしたりする。
なんとなく情熱の画家ゴッホは
ガッツリ勢いよく直接、塗り固めてる印象だったけど。
毛糸を持ち歩いて色味をチェックしながら描いていたようだ。

 

 

細い線で色を重ねられているゴッホ独特のタッチ、筆運び
この質感、伝わるかな?
毛糸を使ってたとわかるとなんだか腑に落ちたよ。

普通はあんまり毛糸で色味チェックしないよね。
でもなんだか想像してみる。
なにかの要因で色をチェックすることになって
毛糸を使いはじめたことが
ゴッホ独自の絵画表現、絵のタッチにつながったとしたら…

絵に真摯に向き合っていたからこそ発見して
独創性のある表現につながったんじゃないかな。
その都度 自分で感じて動いて発見して
気がついていった過程を想像すると
ゴッホの情熱を感じるよね。

そしてそれを自分のモノにできる集中力もすごいよね。

 

 

3. エスキース 下絵の線


1800年代  後半ごろ、日本の浮世絵が西洋で流行った。
きっかけは日本から輸出する陶器が割れないように
梱包をする包装の紙が浮世絵だったんだ。
現代のいらない新聞紙 プチプチシートだよ。
日本ではゴミ扱いだった
その包装紙の絵のクオリティーに西洋人は驚いたんだね。

コレクションして模写する画家も多かった。
マネ や ゴーギャン
もちろんゴッホも模写をしていたよ。

 

ただかなり緻密に研究しているんだ

 

ボクは完成品しか知らなかった時には
そのままベッったり塗ったのかなと思っていたんだけど
この製作過程も意外に感じないかな?
マス目の数多いし、ちゃんと小さく几帳面に番号書いてるね。
全力で向き合ってる感じがする。

結局のところゴッホは自分の絵には妥協をゆるさなかったってことだよね。
それ故にプライベートではトラブルも多かったんだよね。

 

 

まとめ


生き様は真似出来なくても ゴッホの創意工夫と
絵に対する真摯な姿勢から学べることは多いよね。

以上が画家 ゴッホが使った3つの方法でした。

コメントを残す

*