Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベネズエラの混乱はなぜ?原因をわかりやすく経済危機で戦争の可能性は?

ベネズエラの混乱はなぜ?起きてしまったのか?
原因をわかりやすく解説しています。

地図でどこにある国なのか?
わからないほど日本からは遠いですよね

メキシコからは近い国なので
ハポネコはちょっと気になってしまうのです。

経済危機というかハイパーインフレによる
経済破綻で、今後どうなるのでしょうか?

アメリカの軍事介入で戦争や
内戦の可能性は?

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

ベネズエラの混乱はなぜ?原因をわかりやすく解説!

 

ベネズエラは地図でどこ?美女も多い?

日本からベネズエラの距離は14,604 km
地図で見るとこ~んなに離れてます。

地球の裏側の国なので
あまり日本には馴染みが薄いのかも

 

ベネズエラといえばミス・ユニバースで
世界一になった美女が多い国です

動画でもハイレベルな美女ばかり
国策でモデルになるための学校があるのです。

 

そんなベネズエラは現在、大混乱です。

 

2019年の1月23日の反政府デモでは
40名以上がおなくなりに。

 

現政権のニコラス・マドゥロ大統領に
反対する声は高まり、
2019年1月25日には野党政権の
グアイド国会議長(35)が暫定大統領に

 

グアイドさんを中南米の14カ国のうち
11カ国が支持しています。(2019年2月)

ベネズエラで同じ時期に
大統領が2人に!
もう異常事態ですね(^_^;)

 

ベネズエラの混乱とは

  • 政府機関が開いてない
  • 紙幣がない
  • ものが高すぎ!
  • 切符さえも変えない
  • 配給品に頼る
  • 最低賃金
  • 医療も受けられない
  • 食べ物と交換
  • 水すら希少に…

2016年から首都のカラカスが
すでにこのような状況です

生活必需品を求め長蛇の列(TдT)

 

このため国外からは支援物資を
ベネズエラに贈ろうとしたところ
なんとマドゥロ大統領が軍を動かし
国境を封鎖しました。

いやー このニュース見て
いよいよヤバイなと
国民を守るべき国家の動きじゃないですぞ

 

ベネズエラの混乱はアメリカの軍事介入
戦争(内戦)の前触れかなと感じるのです。

 

ベネズエラの経済危機はなぜ?原因をわかりやすく解説!

 

年内にベネズエラのインフレ率が1000万%に?
これってなんだか想像がつきません(笑)

 

今の段階でトイレットペーパー
一つ買うのに必要な紙幣はこれくらい…

すでに経済破綻しています(TдT)

 

ベネズエラは経済危機の原因を
わかりやすく解説しますと
ポイントは3つ!

 

1.原油価格下落で財政危機に

ベネズエラの唯一の資源は石油
グラフで見てもドーンと価格が上がっています。
ですが石油資源に頼りすぎて、生産的な産業を
生み出しませんでした。
国内の投資もほぼ行われてず
輸入に依存していました。
石油マネーが止まると輸入できなく
国内のモノも不足するのです。

 

2.社会主義的な考え

前政権のチャベス大統領と現政権の
マドゥロ大統領は同じ政策を引き継いでいます。
石油国家としての性質を強め
経済の大きな生産部門は強制収用し
国営企業として運用。
問題はこうした企業が国営であっても
利益追求型の国外企業と競争していたことです。

 

3.通貨管理制度の失敗

国の通貨管理は長くても1年~2年程度の
実行期間が普通です。
それよりも長い期間で腐敗が起こり
生産する意欲を削ぎ、モノの買い溜めが氾濫し
希少となったモノを再販売する事態に。
さらに紙幣発行の乱用で
ハイパーインフレが起こる事態に
紙幣はもはや紙くず同然です(TдT)

 

これにアメリカの経済制裁が関係しています。
20年間で約2兆円の影響があるとみられています。
ベネズエラの混乱の大きな要因は
アメリカにあるとの非難も

 

ベネズエラの大統領が2人?戦争の可能性は?

 

前政権のチャベス大統領は反米政権で
大胆な発言で低所得者を中心に人気がありました。

 

それをニコラス・マドゥロ大統領が引き継いだのですが
人気は低迷し、ただの独裁政権に(TдT)

 

野党政権から暫定大統領に就任したのは
若きグアイド国会議長
現政権と対決姿勢を宣言しています。

 

マドゥロ大統領の後ろ盾は中国とロシア
グアイド国会議長の後ろ盾はアメリカ

ベネズエラにはすでにアメリカの
国家介入が行われています。

 

お目当ては石油資源ではないでしょうか

2010年からサウジアラビアを抜いて
ベネズエラは石油の埋蔵量が世界一に
これはほっとけないよ~

 

アメリカのトランプ大統領は
2019年1月23日のインタビューで
ベネズエラの軍事介入は?の質問に
あらゆる選択肢を見当している」と
アメリカの軍事介入を否定していません。

 

ベネズエラの駐日大使も
「最悪の場合、アメリカの軍事介入を
正当化させることになりかねない状況」と
国際社会に注意を促している状況です。

 

一方で現政権のマドゥロ大統領は
「トランプよ干渉するな!」と
一貫して反米の姿勢を貫いています。

 

これって無理ゲーだと思うのです(TдT)

 

マドゥロ大統領はローマ法王に
仲介をもとめる書簡を
送ったそうなんですが
それで治まる混乱ではなさそう..

 

ベネズエラの治安悪化は大丈夫?

首都のカラカスは元々、治安が悪くて有名です。
戦争というか内戦も始まりそうな雰囲気なので
治安悪化は避けられないでしょう。
ベネズエラへ渡航は避けるべきです。

 

落とし所はどうなるでしょうね
経済状況は悪化する一方なので
はやく解決するといいなぁ

 

まとめ

ベネズエラの混乱はなぜ?
原因をわかりやすく解説してみました。
経済危機でアメリカの軍事介入
戦争の可能性は高いと思います。

 

メキシコの国境の壁はなぜ必要?建設費はトランプがアメリカの税金で?

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です