Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メルカドリブレの将来性とは?メキシコで商品を購入して使った感想!

メルカドリブレの将来性とは?
実際にメキシコで商品を購入してみました。

かなりセキュリティがしっかりしていて
商品が届くのも正確で早かったのです

株価の推移や使ってみた感想など
わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

メルカドリブレの将来性とは?

 

メルカドリブレの本社はアルゼンチンなんですが
中南米ではとても有名なネット販売のサイトです

 

今回はメキシコでメルカドリブレを使ってみたんですが
2019年はまだ将来性もあり
市場はもっと伸びていきそうです。

 

2018年3月に、フィンテック企業を規制する法案を
メキシコ下院が可決しました。

 

フィンテックとはファイナンス・テクノロジーの略。

 

電子決済やEC市場などネットでの販売や購入を
政府が後押し、推進していく方向性が決まりました。
この法案が決まってさらに注目を集めています。

 

メキシコの田舎に住んでみて感じるのは
とにかくモノが少なくて不便。
売っている商品も日本の製品に比べると
品質もかなり落ちている印象です。

 

100円ショップにあるようなちょっとした
プラスティック製品が高いんですよね~

 

中古品すらあまり出回らなくて
車とかバイクも少ない印象です

 

そんな状況なのでメキシコに住むボクの周辺では
メルカドリブレの利用者は多く
中古品の売買も盛んに行われています。

 

まだまだアマゾンよりもメルカドリブレの方が
かなり利用者が多くて活気がある印象なのです。

 

メキシコは格差社会なのでまだ銀行口座や
クレジットカードを持たない人を取り込み
メルカドリブレが提案するメルカドパゴという
独自の電子決済サービスでシェアを伸ばしています。

メルカドリブレの株価の推移とは?

 

実際にメルカドリブレの株価の推移をみてみると

6年前に株を購入していればかなり儲けていたようです
2017年に一気に飛躍しています

 

メキシコ国内だとまだ株の購入も気軽ではないので
株価自体もまだ伸びしろがありそうです。

 

現在注目されているフィンテック企業は

Konfio
Konfioは零細事業者の救済に取り組む企業です。
シンプルで使いやすいプラットフォーム上で最大5万ドル(5,40万円)という高額な資金を、零細事業者に融資しています。銀行がなかなか融資をしない不合理な金融プロセスの改善に取り組んでいます。
Kueski
Kueskiはマイクロレンディング(少額融資)サービスを展開し
ラテンアメリカで最も大きく成長した企業だといわれています。
ビッグデータとAIを活用し、24時間365日いつでも数分の審査で融資を受けられます。
Bitso
Bistoは中南米諸国に初めて仮想通貨を持ち込んだ仮想通貨の取引所です。
仮想通貨を使った金融面でのイノベーションに取り組んでいます。
ビットコインの技術を活用して、支払い拒否のリスクをなくし
国際送金を低コストで行う仕組みを構築しています。
2018年にはモバイルアプリをリリースし、Eメールアドレスや電話番号を指定し
相手に無料で送金するサービスを開始しました。
ComproPago
ComproPageは詐欺が横行したことにより、クレジットカードの利用に抵抗がある層を対象に、オンラインショッピングで買い物した際、現金で支払えるサービスを展開しています。支払いはコンビニエンスストアや薬局で行えます
Clip<br />
Clipは今アメリカで勢いのあるスクエア社が展開するモバイル決済サービスのメキシコ版です。
カードリーダーをスマートフォンに取り付けるだけで、クレジット決済端末として利用できます。

 

ComproPagoはボクでも聞いたことがあるかな
他はまだ知りませんね
仮想通貨はもうちょっと無理っぽいんですけど

 

スマホの普及も広まりつつあるので
モバイル決済はこれから急成長しそう

 

メキシコのメルカドリブレで商品を購入して使った感想!

 

最近、メルカドリブレで購入したのは

  • ぬいぐるみ
  • テント
  • マウス
  • タブレット
  • ドラムセット

この5点を実際に購入したんですが
ぬいぐるみだけ4日かかったかな
他はとにかく商品が届くのが早かったです。
特に電子製品は対応もサービスもしっかりしていました。

 

日本のように時間指定できないので
いつ届くのかわからないので融通が効かないんですけど(^_^;)

 

商品の配送はDHLが主に使われていて
メキシコにしてはかなり正確で安全に
商品が届くので驚きました。

 

ドラムセットが一番高価な商品だったんですが
高価な商品を購入する場合は
メキシコの身分証明書を提示する必要があります。

 

メキシコの外国人居住者はクレジットカードでの
高額商品はできないのでお気をつけください。
銀行で直接振り込みにいくか他の支払方法になります

 

自分にとっては不便だったんですが
かなりセキュリティがしっかりしているので
まだこれからメルカドリブレの将来性はあると感じました。

 

銀行口座やクレジットカードを持てない層を
どうやってアマゾンよりも取り込めるかが
勝負になっていきそうです。

 

まとめ

メルカドリブレの将来性とは?株価の推移や
メキシコで商品を購入して使った感想について
いろいろまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です