メキシコでクレジットカードをスキミングや不正利用から守る方法!

Hola~ オラ~ こんにちは ハポネコです。

今回はメキシコでクレジットカードをスキミングや
不正利用から守る方法について調査!

海外の旅や留学にはクレジットカードは必須。
デメリットである不正利用についての
防止・対策方法について調べてみました。

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

メキシコでクレジットカードのスキミングや不正利用とは?

 

メキシコはクレジットカードでの支払いが
かなり普及している国です。
ATMも多くあり、キャッシングも安くて便利。

メキシコでクレジットカードが使える日本のおすすめ3選!現地の情報は?

唯一のデメリットはクレジットカードの不正利用です。

 

メキシコで多い手口が

  • スキミング
  • 二重請求
  • ハッキング

この3つです。
それぞれわかりやすく解説いたします・ω・

 

メキシコのスキミングとは?

 

スキミングとは、クレジットカードに記録された
データを盗み取る行為です。
犯人はコピーしたデータを使って
カードを偽造して、不正利用します。

 

よくある手口は銀行のATMに小型読み取り機
「スキマー」を仕掛ける方法です。

カードの取り入れ口、小型カメラ、キーパッドなど
手口が巧妙になってきています。

 

メキシコの二重請求とは?

 

店舗でクレジットカードを利用する時に
店員が金額を多めに請求したり
わざと同じ料金を2度請求する手口です。

 

決済の時には目の届く場所で
クレジットカードの操作を行ってもらい
不審な行動がないか、チェックしましょう。

 

また信頼のおける専門店や
大型店舗でのお買い物が安全です。

 

メキシコのフリーWifiでハッキング

 

空港や駅、ホテルやカフェなど
海外では便利なフリーWifiですが
ハッキングによる不正アクセスで
クレジット番号などが盗まれる被害も。

 

ここ数年で急増しています。

 

また正規のフリーWifiを装った
偽物のアクセスポイントも存在します。

 

個人情報を盗まれるだけでなく
ウィルス感染の被害もあるので
注意が必要です。

 

メキシコでクレジットカードをスキミングから守る対策とは?

 

年々、手口が巧妙になっている
クレジットカードのスキミングや不正請求。

 

実際に被害に遭わないためにできる対策方法は
どんなものがあるのでしょうか。

 

暗証番号を推測されにくい数字に!

暗証番号の盗用によるクレジットカードの不正利用は
保証の対象外になってしまうことも…

 

誕生日や電話番号、ゾロ目や連続する数字など
身元から推測されやすい数字を避けるのも
被害を防ぐのに効果的です。

 

他のカードとの暗証番号の使いまわしも避けましょう。

またスキミングでATMに小型カメラを設置して
暗証番号を盗む手口もあります。

暗証番号を入力する際には
手元が見えないように、手で覆い隠すなどして
防ぐ方法があります。

普段、ここまではやらないんですけど
暗証番号は気をつけてます。

 

クレジットカードをICチップに!

 

メキシコでもクレジットカードはICカードが
増えてきています。
ICチップは磁気カードよりも大量の情報を
暗号化して登録することが可能です。

安全性も高く、スキミングも困難に

 

また暗証番号を入力しないと使用できないため
番号の管理にだけ気をつければ大丈夫になります。

 

クレジットカードに盗難補償を!

 

日本で発行されているクレジットカードには
自動付帯保険という盗難補償がついています。

 

ほぼ特別な申込みをしなくても
初めからカードに保証が付いています。

 

海外で使う場合には、カードの種類によって
補償範囲や条件が違うので
確認しておくと安心です。

  • この他になるべく野外のATMを使わず
    大型金融機関や空港内のATMを利用する。

 

  • クレジットカードの支払いは
    ブランドショップ、日系デパートなど
    信頼できるお店だけで使う。

 

  • 利用時にメールが届くサービスを活用する。

 

  • 限度額の低いカードを主に利用する。

これらの対策でスキミングを未然に防いだり
被害を最小限に抑えていきましょう。

 

海外での旅行や留学では
2~3種類のクレジットカードを用意しておくと
いざという時に安心ですよ。

 

もしメキシコでクレジットカードがスキミングの被害にあったら?

 

クレジットカードの利用時にメールが届くサービスや
利用額をチェックできるようにしておきましょう。

 

不正利用の手口は巧妙なので
変化に気がつくことが大切です。

 

その上で万が一、スキミングの被害にあった場合は
カード会社に連絡することが重要です。

 

一般的にクレジットカードの保証期間は
60日~90日間です。

 

この期間内であれば返金が保証されています。

 

でもクレジットカードを利用・保管するうえで
契約者側に不備があった場合には
保証対象外になることも…

 

例えば

  • 暗証番号をカードの裏面に書いている
  • 予測されやすい暗証番号(例 生年月日・住所・電話番号に関連するもの)を設定していた
  • カードの裏面に署名していない

このような場合です。

 

カード利用の際に正しい暗証番号が入力されていた場合は
「本人が利用した」と判断されます。

 

暗証番号はとても大事なのです。

 

また
家族や同居人が本人に無断でカードを利用していた場合も
補償されません。

これは当たり前かも(^_^;)

 

もしもカード会社へ連絡して返金が補償されない場合は
消費者センターへ連絡を

 

国民生活センター「全国の消費生活センター等」
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

 

特に被害額が大きい場合には
あきらめないで解決策をみつけましょーう

 

まとめ

 

メキシコでクレジットカードをスキミングや
不正利用から守る方法について調査!

海外の旅や留学にはクレジットカードは必要です。
不正利用には気をつけて
メキシコを楽しみましょ~う。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です