スーラのグランジャット島の日曜日の午後とは?どんな場所でテーマは?

Hola~  オラ~  こんにちは ハポネコです。

今回はジュルジュスラーの作品
グランド・ジャット島の日曜日の午後とは?
作品のテーマや意味について解説しています。

また作品が収蔵されている美術館や
グランド・ジャット島はどんな場所なのか?
地図も掲載しています。

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください。

スーラのグランジャット島の日曜日の午後とは?

 

グランジャット島の日曜日の午後は
ジョルジュ・スーラの作品です。

ジョルジュ・スーラ 1886年
キャンバスに油彩 207 x 308 cm
シカゴ美術館

グランジャット島の日曜日の午後を拡大!

 

セーヌ川に浮かぶ島で人々がくつろぐ
日曜日の情景が描かれています。

英語の作品名は
A Sunday Afternoon on the Island of La Grande Jatte

 

フランス語の作品名は
Un dimanche apres-midi a l’Ile de la Grande Jatte

制作年は1884年から1886年
2年の歳月を経て完成しています。

1枚の作品に2年間も!

 

スーラはグランジャット島へ通いながら

  • 風景や人物をよく観察
  • デッサンや油彩、スケッチ
  • 完成までに30枚ほどの習作を繰り返し

縦2メートル、横3メートルの画面を構成しました。

 

スーラが生きた時代は感覚的な作風が多い
印象派の画家が全盛期の頃。

絵画の種類で印象派とは何か?画家の一覧や技法や作品の解説は?

 

その時代にスーラはグランジャット島の日曜日の午後を
極めて理論的に制作したことが評価されています。

 

スーラは光を絵の具で表現することを
科学的視点から研究し点描画の技法を発明しました。

点描画とは何ですか?初心者におすすめの描き方やコツとペンや鉛筆は?

他の人と違っていることが重要ですね。

 

1891年に31歳の若さで亡くなったスーラ。

グランジャット島の日曜日の午後は
スーラが26歳ころの1枚です。

 

収蔵されているシカゴ美術館はコチラ

作品数はとても少なく
グランジャット島の日曜日の午後は
スーラの代表作になっています。

 

グランジャット島はどんな場所?

 

印象派が最先端だった時代に多くの画家が
パリ周辺やセーヌ河畔の風景を描きました。

 

スーラが描いたグランジャット島は
フランスのパリ市から1.5kmほど
セーヌ川に浮かぶ小さな中洲です。

 

グランジャット島は細長い形で全長は2km

現在は4000人ほどの人が住んでいて
企業ビルや住宅も立ち並びますが

  • 遊歩道
  • 自転車専用道
  • 公園
  • 広場
  • 競技場
  • テニスコート

などなどきちんと区画整理されていて
セーヌ川、限りなく広がる空など豊かな自然があり
現在も市民がリラックスできる憩いの場なのです。

 

グランジャット島の日曜日の午後のテーマとは?

 

スーラは科学的な理論に基づいて作品を完成。
26歳と若い時期にこれだけ集中できた仕事はお見事です。

 

同じ時代にこの理論を発見して
絵画で表現できたのはスーラだけでした。

 

新印象派、ポスト印象派といわれるスーラの
グランジャット島の日曜日の午後は
のちの画家にも影響を与え
フランス絵画を代表する作品になりました。

 

…っとここまではウィキペディアにもある
一般的な情報なのですが作品のテーマとは
『ゆったりとリラックスした日曜日の情景』
だけなのでしょうか?

 

ベストセラーになった
『怖い絵』と『へんないきもの』の共著
『怖いへんないきものの絵』の解説では
スーラのグランジャット島の日曜日の午後に
描かれているサルに注目しています。

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/30 14:29:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヨーロッパでサルは

  • 不道徳
  • 愚か
  • 卑しい
  • 汚らわしい
  • 好色

などなど人間以下と
罪や悪徳の象徴となっています。

 

ゆったりとした情景にサル…
たまたまペットとして連れていたのでしょうか?
犬だけでもよくね?ということで

 

作品の右端の二人連れは夫婦ではなく
愛人なんだということを示すために
サルを描いたと解説しています。

でもスーラは不倫を象徴するために
サルを描いたのでしょうか?

 

ハポネコはスーラが象徴的にサルをモチーフに選んではなくて
純粋に科学的な理論を絵画的に追求しただけかなと感じます。

なぜなら他のスーラの作品を鑑賞すると
象徴的にモチーフを描いていないからです。

あと他にはスーラのドローイングをみても
あまり象徴的に捉えてなくて
サルの形を楽しんでるように感じます。

描きたかっただけじゃない?
と思うのです。

 

ぜひ自分なりに作品を推理してみると
グランジャット島の日曜日の午後を
より楽しめると思います。

正解はないですから~

 

まとめ

 

今回はジュルジュスラーの作品
グランド・ジャット島の日曜日の午後とは?
作品のテーマや意味について解説しました。

また作品が収蔵されている美術館や
グランド・ジャット島はどんな場所なのか?
地図も掲載。

ぜひ自分なりの感性で
スーラの作品を鑑賞してみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう!

Nos Vemos Pronto!
ノスベモス プロント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です