絵を描くときの鉛筆?初心者はなにがいい?

文字を書くときにどんな鉛筆を使っているかな?
今はパソコンやスマホでの入力がほとんどだけど。
絵もデジタル化が進んでペンタブレットが活用されている。
ただ鉛筆はある時代では最先端のテクノロジーだったのかもしれない

現在の形は手が汚れないように木でカバーされ
転がらないように形を変え進化した結果ではないだろうか。
YouTubeに鉛筆の工場のビデオがあった。

それをみるとかなり多くの工程を経てから
一本の鉛筆が仕上がっているよ。

 

最初にグラフィート(黒鉛)と泥を混ぜ合わせている。
メキシコの鉛筆はたまに小さい異物が混じっていて
よく紙に引っかかる時があるよ。
日本の鉛筆はそれほど引っかかりがあることはない。

あと固くしなやかにするために焼入れ その後 油に浸す。
だから鉛筆には油分が混じっているよ。

だから良い鉛筆は落としても 中折しにくいように感じる。
材料と工程のクオリティーによるんじゃないかな。
やっぱり日本の工業製品のクオリティーと品質管理はすごい
メキシコと比べると歴然の差があるよ。

 

 

福井で伝統的な漆工芸の工房を尋ねたことがある
当時からすでに日本の漆ではなく 中国から輸入した漆を使っていた。
格安の人件費に対抗するために色々工夫されていたけど

日本の伝統とは キッチり仕事することだろ とおっしゃていたのを思い出す。

今は安売りよりも信頼関係が見つめ直されてきている時代だよね。

 

人生を楽しむことが最優先のラテン文化、
キッチり仕事なんてメキシコにはあまり無い感覚だよ。

 

あと鉛筆には9Hから6Bくらいまでのアルファベットがある。
Hの番号が大きいほど固く Bの番号が大きいほど柔らかく濃い
絵を描くための準備であるデッサンやクロッキーは
濃い目の鉛筆を使うことが多い。

 

 

 

3Bから6Bあたりの鉛筆がボクのおすすめ。
学びたい科目によっても違っていて
例えば日本画やデザインなどはもう少し硬い鉛筆を使うよ。

鉛筆の研ぎ方も大切で
文字を書く場合はエンピツ削りを使うけど、
絵を描くときはカッターを使うといいよ。

芯の部分を長めに出すことで
太い線や細い線が引けて表現の幅が広がるから。

 

またメーカーによっても鉛筆の違いがあって
日本のメーカーだとHIユニ
海外だとステッドラーというメーカーの鉛筆が良かったよ

 

自分で使っていろいろと試していくのが大切だよね。
鉛筆を画材屋さんで探すのは楽しいよ。
お店では実際に自分の手に取って決めてみてね。

ぜひ自分に合った鉛筆を探して気持ちよく絵を描いていこう。

コメント

コメントを残す

*