Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メキシコの観光でボナンパック遺跡とは?行き方やホテルの情報は?

Hola~ オラー こんにちは ハポネコです

メキシコの観光でチアパス州にある
ボナンパック遺跡について
行き方やホテルの情報など
現地で体験した情報をお伝えします。

動画も撮影してきました~
壁画はかなりおすすめですよ

わかりやすくまとめましたので
ぜひご覧ください(・∀・)

メキシコの観光でボナンパック遺跡とは?

 

メキシコで4世紀~8世紀頃まで栄えたとされる
マヤ文明の遺跡群の1つがボナンパック遺跡です

 

日本では古墳時代 ‐ 飛鳥時代 ‐ 奈良時代になります
全く違う文化ですが
大きな建物を建てて「わしゃえらいんじゃ~」と
権力を誇示するスタイルは似ているかもしれません

 

日本は木造なんですが
メキシコのマヤ遺跡は石による建造物
ピラミッドになります

 

ピラミッドなんですが
日本のお城の石垣にそっくりなんです

 

森を抜けると広場があり
そこに遺跡がそびえ立つロケーションが
とてもいい感じです

ボナンパック遺跡は緑に囲まれたピラミッド

 

これだけ大きい石の建造物なので
当時はかなり栄えていたと思うんですが
マヤ文明ってある日を境に
パッタリと人が居なくなって
ジャングルに遺跡だけが取り残されています

 

病気が流行したからとか
様々な説があるんですが
まだハッキリと理由はわかってないんですね

 

謎が多い文明なのです

 

もしもメキシコの観光で
ボナンパック遺跡を訪れる時には
当時はどんな風に人が暮らしていて
なぜ人は居なくなったのか?
自分で想像しながら体験していくと
より一層、遺跡を楽しめると思いますよ

 

ボクがボナンパック遺跡に訪れたときには
現地に住む先住民のラカンドン族の男の子に出会えました

 

大昔も同じようにこの風景の中で
子供達が無邪気に遊んでたのかなぁと
想像しながら撮影してみました

チャンボルくん
ラカンドン族はスペイン語とは違う
独自の言語を話しています

 

ちょっと教えてもらったんですが
話さないとすぐに忘れてしまいますね
トホホ~

 

なんだか日本人と顔が似てないですか?
先住民の赤ちゃんのおしりには蒙古斑があって
日本人と近い先祖のモンゴロイドでは?
という説もあります

 

先住民の人たちと話していると
見た目が日本人にそっくりで
親近感がわいてきます。

 

ラカンドン族の男性が白装束
女性がキレイな刺繍が入ったデザインの
服を着用しています

 

女性の衣装のほうが目立つ理由は
「この女性たちはオレたちのモノ」と
部族の違いをアピールしているのだそうです

 

それぞれの先住民によって
デザインが違う美しい衣装も
ちょっと複雑な理由が秘められているのです

メキシコ・ボナンパック遺跡の行き方は?

 

グーグル・マップではコチラになります

最近はタブレットや携帯電話に地名を入力すると
音声で行き先を教えてくれます
便利になりましたよね

 

チアパスの州都であるトゥクストラから
ハイエースのバスで約7時間で到着
400kmの距離になります

 

道は舗装されているので
快適でーす

 

片道2000円くらいの料金です
ツアーはこれよりもかなり高くなります

 

ボナンパック遺跡の様子はコチラ

上から見下ろすのは権力者の証!かもしれませんね(・∀・)
天気がいいとかなり見晴らしがいいですよ

 

遠くの山々の風景とかって
当時からそれほど変化がないと思うんで
こんな風景を昔の人は見ながら
何を考えてたんだろう..
そんな妄想タイムが楽しいです

 

ボナンパック遺跡の見どころは
何といっても室内の壁画です

この壁画が世紀の大発見でした

 

なぜかというとマヤ文明では争いがなかった
というのが定説だったのですが
この壁画には戦争が描かれています

 

つまりマヤ文明の時代にも争いがあったことが
この壁画の発見によって証明されたのです!
なかなか争いの無かった時代なんて
今までありませんよね

 

1955年にこの壁画が発見された時には
調査団はその情報を隠蔽していました

定説を覆されないように
悪いおっさん達がいたようですよ(゚д゚)!

 

まだ63年前の話なので
つい最近まで「おれたちゃ平和な種族だぜ へへへ」と
争いが無かったって信じられていたんですね

 

ちなみにこの壁画はフレスコ画という技法で描かれています

フレスコ画とは壁面に漆喰を塗ってそれが乾かないうちに
絵の具を塗っていく技法です。
下地の漆喰が乾くとかなり堅牢になるんです
漆喰は白いので上に重ねた色も発色が良くなります

 

乾かないうちに描くのは
かなり正確な筆運びとスピードが必要なんです

 

ボナンパック遺跡の壁画には
多くの人物が描かれているんですが
人のプロポーションなど
とても正確に描かれていて
クォリティがとても高いです

 

4世紀に描かれた壁画が
これほどの状態で保存されているのも驚きです
多分、日本とは気候の違いもあるでしょうね
暑いけどカラッとして湿度は低いですから

 

そしてすこし剥がれた壁画の部分から
下絵が見えるので
どんなふうに色を重ねたのかとか
わかるようになっているんです

非常に優秀な絵師の集団がいたんじゃないでしょうか

4世紀の技術とは思えない
凄いテクニックです
ヨーローッパまでいかなくても
こんなに良い教材がメキシコにはあるんですが
現地ではあまり尊敬されてない印象です

 

筆先のスピードがかなり速いので
どんな息遣いで描かれていたのか
想像すると面白いですよ

 

ボクは線にかなりの緊張感を感じとりました
なんだか命がけみたいな..

 

内装の絵の仕事が
国家的なプロジェクトだったとすれば
なんかミスったら殺されるぜ…みたいな(笑)
そんな集中力と緊張感を感じた次第です

 

これって本とかインターネットでは
なかなか感じることができない感覚かもしれません

 

現地の空気感とか肌感覚で
自分なりにイマジネーションすることが
大切かなぁと感じます

 

その後で考古学の定説など調べて知識を蓄えて
もう一度見に行って
また違ったインスピレーションや視点を得たりして
楽しんでいます

 

自分の経験によっても見え方が変わるので
大昔からある遺跡って
自分の変化を定点観測するような
楽しみ方もありますよ~

 

絵も昔見た時と大人になってみた時には
感じ方が変わっていて面白いのです
だから美術館とか博物館って同じ作品だろうと
何度行っても楽しめます

 

何回見ても飽きない
いろいろ伝わるものが深い作品が
名作なのかなぁと感じますね

 

メキシコ・ボナンパック遺跡のホテルや宿泊は?

 

ボナンパック遺跡の行き方にも関係するんですが
普通はパレンケにホテルをとって
日帰りツアーでヤシュチュラン遺跡と
ボナンパック遺跡を巡るのが
一番効率の良い方法になります

パレンケからのツアー情報

 

もう少し時間に余裕がある場合は
ボナンパック遺跡に近い
ラカンドン族の村にも
カバーニャといって
バンガローのような宿があるので
滞在するのも楽しいですよ

 

一泊100ペソでした
600円なので安いですよね

 

レストランがあまりないので
食事が大変でしたが
夜は真っ暗になるので星空がキレイ
本当の自然が楽しめます

キャンプでテントが貼れる場所もあります
治安はかなり良いですよ

まとめ

 

メキシコの観光でボナンパック遺跡とは?
行き方やホテルの情報などシェアしました

壁画はオススメなので
アートや美術に興味がある人は
ぜひご覧ください

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です