メキシコ旅行ですぐに使える5つのスペイン語 

世界の中でスペイン語は英語についで話し手が多い言語。
公用語の国は計20カ国。
しかし ボクが出会った人のなかでも
スペイン キューバ メキシコと
同じスペイン語圏にもかかわらず、それぞれちょっと違って聞こえる。

 

 

日本語でもそれぞれの地方で発音やイントネーション、アクセントが違うように
スペイン語にも方言があるんだよね。
メキシコ国内でも 地域によって違っているよ。

今回は メキシコ旅行でお手軽に
すぐに使えそうなスペイン語を5つ 選んでみた。
他の国では通じない単語もあるので ご注意を!

でもメキシコ人はすごく喜んでくれるよ。

 

 

1. Orale! オラレ


おおー と ちょっとうれしくて驚いた時に使うといいよ。
オの部分をちょっと強めにアクセントがある。
若干よろこびをこめる感じが自然かな

 

 

 

2. A poco   ア ポコ   へーー  そうなんだー 


へーー そうなのー と ちょっと知らなかったときなどに。
ちょっと驚いたときは
ア ポコー と 強めに語尾をのばしたり
発音もちょっと可愛く感じるよね。

 

 

 

3. Que chido!  ケ チド  すげーいいじゃん


「¡Qué!(ケ)」は英語でWhatにあたる単語で 感嘆文の頭につくと
「なんと〜だろう!」というニュアンスに
「なんてすばらしいんだ!」 あるいは
いい意味でのやばいという意味。
チドはメキシコだけで使ってるよ。

 

 

 

4. ¿Qué onda? ケ・オンダ  調子どう? 


この場合の 「¡Qué!(ケ)」は 疑問文のくだけた言い回し。
答える場合はbuena onda(ブエナ オンダ)『いい感じ』
mala onda(マラ オンダ)『やな感じ』となるよ。
どうよ と 軽いかんじに伝わるから
日常の親しみある形だよ。

 

 

5. ¡No manches!   ノ マンチェス  えー マジでー 


ボクの感覚だと なんてこったーい に 近いかな
お手上げポーズとともに使いましょう。
これに似た ノ マメス という言葉もあるけど
それはとても親しくなってつかいましょう。
ちょっときたなくて強めです。

 

 

まとめ


以上がメキシコ旅行ですぐに使えそうなスペイン語でした。
ちょっとしたスラングなので 旅先などで使うと
おっ おまえ わかってんじゃん と
すぐに笑顔とともにアミーゴ(友達) になれるよ。

それでは Buen viaje ! ブエンビアへ!!(よい旅を!)

 

関連した最初に覚えたい! 使える3つのスペイン語の動詞はこちらから

コメント

コメントを残す

*