Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メキシコの大麻事情とは?マリファナを合法化すると治安は危ないの?

Hola~ オラ~
こんにちは ハポネコです。

今回はメキシコの大麻事情について調査!

マリファナが合法化すると
メキシコの治安は危なくなるのか?
詳しく調べてみました。

大麻って何?
グリーンラッシュとは?

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください(・∀・)

大麻って何?マリファナのグリーンラッシュとは?

 

日本では芸能人の大麻所持が問題に。

 

大麻(マリファナ)は無許可所持に最高懲役5年
営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰がつく
犯罪の元です。

 

芸能人ならば築き上げた信頼や名声が
一夜にして吹き飛びまする。

 

日本人であれば海外で使用しても
同じ罪になるのでダメ・絶対!

 

一方で海外の大麻事情は近年
合法化や解禁になる国も多く
このムーブメントはグリーンラッシュと呼ばれ
大麻が産業として注目を集めています。

 

大麻には様々な呼び名があり

アサ、大麻草、カンナビス
麻、大麻、マリファナ、ヘンプ

これはすべて同じ植物の呼び方です。

 

代表的な大麻の隠語は

  • Pot(ポット)
  • Grass(グラス)
  • Weed(ウィード)
  • Jointo(ジョイント)

日本語の隠語では

葉っぱ、草、ハーブ、野菜、402

などなど

 

タバコ状にしたものは

マリファナ、ガンジャ

樹脂は

チャラス、ハシッシ、チョコ

大麻って呼び名が多いですね(´・ω・`)

 

日本の大麻取締法の部位は

日本で大麻が嗜好品として問題になるのは
主に穂の部分です。

 

2019年の現行法では
茎および種子由来のCBDであれば
日本でも合法で利用することができます。

 

自然の成分だから副作用がなく
様々な病気に効果あり。

 

このCBDオイルなどの市場が
2020年には2310億円に
成長すると見込まれています。

これがグリーンラッシュと呼ばれる
大麻の経済効果です。

 

 

大麻(マリファナ)の成分や効果や効能とは?

 

大麻には様々な成分があり
ここではわかりやすく2つだけ紹介します。

 

THC:テトラヒドロカンナビノール

娯楽用大麻と呼ばれる成分

  • 陶酔作用
  • 多幸感
  • 痛みの緩和
  • 吐き気を抑える
  • けいれん抑制

お酒やタバコに無いリラックス感
友達との楽しい場の共有
創造性の発揮など

主に大麻の穂の部分に多く含まれていて
品種や育て方によって含まれる量が変わります。

 

CBD:カンナビジオール

医療用大麻と呼ばれる成分

  • 不安を和らげる
  • 痛み炎症の緩和
  • 発作の抑制
  • 神経を保護
  • 免疫を整える

THCとは異なり
陶酔作用や多幸感はない。
むしろ潜在的に健康面で
高い効果を引き出す作用が
医療の分野で注目を集めています。

 

娯楽用=THC
医療用=CBD

 

THCとCBDの比率を変え
様々な病気の治療にも。

品群THC:CBD比率ターゲット治療分野
高THC95:5がんの痛み、偏頭痛、食欲
等比率50:50多発性硬化症、脊髄損傷 末梢神経疾患
広いCBD25:75リュウマチ 皮膚性疾患
高CBD5:95総合失調 てんかん 頭部外傷
リュウマチ 食欲抑制

 

特に有効だと考えられているのが老人の病気。

悪性腫瘍、認知症、アルツハイマー
心臓疾患、糖尿病、自己免疫疾患

または副作用が無くガンの抑制作用を
発揮するのでは?とがん治療の分野でも
注目を集めています。



+WEED【プラスウィード公式】


メキシコの大麻事情とは?

 

メキシコも大麻(マリファナ)は禁止ですが
日本より流通しています。

 

現在メキシコシティでは医療用大麻は合法で
今後、日本より早く大麻が解禁されるでしょう。

 

メキシコで有名な問題は麻薬カルテルです。
コカイン・大麻・クリスタルといった
ドラッグをメキシコで取引したり
アメリカで売って稼いでいます。

 

メキシコの治安が悪い!最悪!
そんなイメージが海外に広がるのは
この麻薬カルテルのおかげ~

 

メキシコの新しい大統領の政策は
麻薬カルテルとの対決姿勢ではなく
大麻などを合法化し資金の調達を
減らす考えのようです。

 

ホントにそうなるんでしょうか?

 

化学薬品を合成するドラッグのほうが
生産性と利益は高いので
大麻を合法化しても
カルテルの資金に問題はなさそう。

 

むしろ合法化して大麻が広まれば
より愛好家は増え資金は潤いそうです。

 

なぜなら大麻を生産するには
品種や栽培のノウハウ
土地などの購入に資金が必要なので
元々関わりがある麻薬カルテルが有利なのです。

 

メキシコで大麻が産業化する流れの中には

  • お金儲けしたい投資家
  • 税収を増やしたい政府
  • 合法的に楽しみたい愛好家
  • やっぱり儲かる麻薬カルテル

医療として可能性を秘めた大麻ですが
メキシコではお金と欲望が渦巻いております。

 

ハポネコは大麻には興味ないんですけど
この人間の欲望の行く末に興味があります。

 

なんだか業が深い…
アートのテーマになりそうなんだもーんw

 

具体的に大麻の合法化が
メキシコにどんな変化をもたらすのか
考えてみたいと思います。

 

メキシコでマリファナが合法化すると治安は危ないの?

 

結論は大麻(マリファナ)が解禁になっても
メキシコの治安は特に変わらなそうです。

 

大麻が合法化しても、すでに多くが出回っているので
メキシコの治安に影響はないでしょう。

 

先住民が多い地域の一部の村では
トウモロコシと一緒に
こっそり大麻も栽培しています。

 

マリファナはトウモロコシより単価は高い。

 

でも先住民は流通経路を知らないので
麻薬カルテルなどが格安で購入して
メキシコ国内やアメリカで販売している状況。

 

もし大麻が合法化すれば生産者が直接販売して
利益も増えて政府の税収はUPするのかも….

 

愛好家が増えたら品種やブランド化の競争でしょうね。

 

陶酔成分であるTHCなんですが
10年ほど前は10%でした。

 

現在は品種改良と抽出技術が進み
THC100%のモノまであります。

 

元々、常習性は低い大麻ですが
さすがに10倍も違うと体にヤバそうw

 

問題は他にも大麻(THC)を使用する人の
労働意欲や生産性が低下することかなと

 

実際にメキシコ人の大麻(THC)使用者は
より時間にルーズになったり
平和的だけどふわふわーとなってます。

 

元々、生産性が低い地域では
大きな問題にならないのよね…

 

メキシコの大麻事情はあまり参考にならないけど
日本でマリファナを合法化する場合には
よく検討して導入したほうがいいでしょう。

 

生産性よりも税収UPが見込めるなら
日本もすぐに大麻を合法化するかもですね。



+WEED【プラスウィード公式】

まとめ

 

メキシコの大麻事情とは?
マリファナが合法化すると治安は危ないのか?
現地からハポネコがお伝えいたしました。

大麻もTHCとCBDでは全く違います。

結論はこれ以上、治安は危なくなりません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です