Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メキシコのサルサとは?初心者が踊る教室と練習や上達の方法は?

メキシコのサルサとは?
初心者でも上達できた練習や方法と
踊る為に通った教室の紹介です。

ハポネコの具体的な体験談を
わかりやすくまとめました。

ぜひご覧ください(・∀・)

まさか こんなことになるとは…
大音量が鳴り響く会場の片隅で
ボクはプルプルと子猫の様に震えていたのだった

 

異国での生活が始まって一ヶ月
とあるメキシコの大学の卒業パーティに誘われた

誘ってくれたのはナジェリという女の子
よく日に焼けて活動的でとても親切。

彼女は日本語を勉強していて
スペイン語がたどたどしい僕よりも
流暢に話していた。

 

ちなみにスペイン語圏では
パーティのことをフィエスタという

 

ハポネコにとっての初めてのフィエスタ
夜、どんなところで行われるのか
ちょっと冒険の前の様なワクワク感

 

 

夜、9時すぎ 会場に到着
大きいイベント会場に多くの学生が集まっている

 

大学生のフィエスタ
なんとなくアメリカの映画で見た雰囲気に近い

アルコールも出回っているけど
20リットルのポリバケツに
安い酒をグルグルまぜていた。

ハポネコはアルコールが弱い
でもお祝いならしょうがないかと
コップに口を近づけてみる。

鼻をツンと突く病院の匂い

 

マズ~い

 

 

11時を回ると大音量の音楽が鳴り響き
みな楽しそうに踊り始めた。
初めはそれぞれ軽く体を揺らす程度

この時点でナジェリとは逸れてしまった
どこにいるのかわからない

 

 

それから音楽が変わり
女生と男性がペアで踊りはじめる。

 

この時が初めてのサルサとの出会いだった。

 

サルサとはプエルトリコ人がニューヨークで始めた踊り。
独特のリズム
日本人のハポネコには全くなじみが無い
初めて聞く音楽だった。

 

右も左も踊り方もわからないまま
会場でたたずむハポネコ
すると女の子に「おどるわよ」と右腕をひっぱられて
人の輪に吸い込まれた

 

その女の子は力士の様な大柄な女性で
ハポネコはブルンブルンと振り回される
グイーングーインと強引に

 

 

正直おかされた気分だった(笑)
いや、これのなにが楽しいのか意味が分からない

 

そして会場の隅でプルプルと震えていたのだった…

 

これがボクとサルサとの最初の出会い。
最悪でしょう(笑)
でもなぜか嫌いにはなれなくて
ここメキシコで生活していくなら
踊れるようになりたいなっておもった。

 

たまたま近所に住む大学生(男)が
自分でサルサ教室を開いていた。
そこから思いもよらない
メキシコでのダンス生活が始まった。

 

メキシコで初心者がサルサを踊る教室とは?

 

近所に住む大学生 ホルへくん
建築学部の学生らしい
以前にキューバ人にサルサを習ったらしく
それを彼の自宅で教えてくれた。
一時間 100円だった。
安い……

 

一言でサルサといっても様々なタイプがある
メキシコにあるのは おおまかに

 

ON1ステップ
ON2ステップ
キューバンサルサ の3種類
他にもあるけど ボクが習ったのはこの3タイプ
ただこの最初の時期 そんな種類があるとも知らず
とにかく ホルへのマネをするので精一杯
っというか どのリズムでステップを踏むのか
音がまーったく 聞き取れないのだった。
最初に どの音から足を踏み出すのか?
それがわからない。

 

今考えると キューバのスタイルと
なんかいろいろ混ざった感じだったかな。
サルサの語源も 色々ミックスする
サルサソースからきてるらしい。

 

自分で混ぜてみて研究するのが楽しいんだと思う。

 

 

最初に音を体に入れなきゃ
なじませなきゃと思いついた。

 

でも 音を体にいれるって? どうしよう?

 

頭で考えてもしょうがない。

 

朝 起きたら ベットから飛び降り
すぐ 真っ裸になった。
考える前に CDでサルサを流す。
そしてラジオ体操の様に
30分くらい    毎朝    踊った。

 

一ヶ月すると 自然と
どこでステップを始めるか
ちゃんと体感することができた

 

考えなくてもよい

感じるのだ

 

ただ
真っ裸で踊ってたから
リズムにあわせて 股間が
ペチん ペチん と太ももにあたる
それを避けるようにリズムをとったら
かなり独特な踊り方になった様だ

 

サルサの歴史は浅い
その中で とあるモテない男の子が
女の子と踊りたいがために
自宅の部屋で 悶々と一人で練習してたらしい。

 

リズムがずれたまま…

 

とあるコンサートのバックダンサーに選ばれて
彼が踊りを披露した。
その独特なリズムがずれたステップに
みなが 驚いて熱狂した。
それがON2 ステップの始まりと聞いている。

 

ボクは どうやら新しい

ON3ステップ を発見してしまったw

 

この頃は自宅にインターネットがなく
図書館のコンピューターで
様々な踊り方のビデオを見て研究していた。
自宅ならその場で 踊りながらコピーできるけど
図書館ではそういうわけにはいかない….

 

だから 一時停止を繰り返して
絵を描いてコピーした。
それを自宅に持って帰り
体を動かして再現する。

 

このときのドローイングはとても下手だけど
かなりドキドキしながら 真剣に線を引いていて
とてもいい思い出になっているよ。

 

その頃のボクは引越しをおえて
新しいまちに住み始めていた

 

そのまち中で発見した
サルサ教室に入門するのだった….

メキシコのサルサ教室で上達する方法とは?

 

メキシコに来て初めてのサルサ教室
月謝を払って習うことにした。
生徒も若干多め。
時間帯は午後5時から9時まで
その間に1時間 好きな時間帯で習うことが出来る。

 

月謝 は1000円ほど
毎日あったので かなり安く感じた。
先生は男の人で
チリチリパーマの肉食系

 

教室は町中の大通りに面している
立地がいい場所なので
生徒はひっきりなしに入れ替わる。

 

ただこの先生 可愛い生徒が来ると
必ずペアになって
ベタベタやっていた。

 

なんだかなぁーとげんなりしたけど….

 

直属の生徒が優秀な人が多くて
先生のかわりに代わる代わる教えていて
その教え方が勉強になった。

 

先生によって教えるペースが全く違っている。
ちゃんと生徒に合わせてペース配分を
コントロールできる先生は上手いと感じた。

 

間というかテンポというかタイミング。
相手が必要なときに正しいタイミングで適切な言葉をかけるような。
そんなバランス感覚。

 

踊りが上手い先生でも教え方が上手とは限らないのだ。

 

それは絵を教える仕事も同じで、とても勉強になった。
教え方を学ぶには習い事は最適じゃないかな。
初心を忘れないためにも
たまに習い事をやってみるのはいいのかもしれない。
慢心は落とし穴になるよ。

 

この教室では発表会があって
それに向けてモチベーションを上げていくようなスタイル。
確かにただ倣ってるだけは マンネリ化してしまうし
緊張感がある方がいいよね。

 

ただいきなり町の一番大きな市民ホールで発表することになった。

 

ボクはモクモクと毎日練習を積み重ねて
昨日よりもちょっとだけ進化する様な感覚が好きだった。
サルサを習いながらも ペアダンスが苦手。
それを人前で発表するなんてー

 

絵に関してもどちらかというとそんな傾向がある。
ただサルサを習うことで言葉が通じなくても
体一つでコミュニケーションと表現が可能。
今までに無かった感覚を海外で得られたのは
とても大切な経験になった。

 

一年ほど毎日通うと
もうこの教室では習うことがなくなってきた。
すると近所で世界チャンピオンが教えるサルサ教室をみつけた。

 

ボクは本能が赴くまま、入門するのだった。

 

まとめ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です