グラフィティアートとは何?意味や定義とバンクシーをわかりやすく!

Hola~ オラ~
こんにちは ハポネコです。

今回はグラフィティアートとは?
何でしょう?という疑問にお答えします。

メキシコとも以外な繋がりが….

意味や定義と種類など
世界的に有名なアーティストや
バンクシーについて調査!

わかりやすくまとめましたので
ぜひ御覧ください(・∀・)

グラフィティアートとは?何ですか?

 

1970年代にニューヨークで始まった
グラフィティ・アート。

 

公共の壁や電車に、スプレーやフェルトペンで
落書きすることがアートとして注目され始めました。

 

グラフィティはいきなり始まったのではなく
それ以前にもアメリカでは
キルロイ参上やギャンググラフィティなど
ストリートでの落書きは多かったのです。

 

さらに時代を遡ると
きっかけは1920~1930年代
メキシコの壁画運動といわれています。

 

メキシコのアーティストが渡米して
アメリカの公共の壁にも
絵を描いていたのです。

 

その後、壁画を手伝った若手画家や
アメリカのアーティストへ
公共の大きな壁面に制作する
意義や手法について大きな影響を与えました。

 

1980年代になると
キースヘリングやバスキアなど
ストリート出身のアーティストが
前衛芸術家として世界的に
注目を集めます。

 

グラフィティアートのシーンが
世界的に広まったきっかけには
映画『ワイルドスタイル』の影響があります。

伝説の『ワイルドスタイル』をAmazonで!

 

この映画がきっかけで日本でも
グラフィティアートが認知され始め
実際に渋谷などを中心に
ストリート文化が花開きました。

 

グラフィティアートの意味や定義とは?

 

グラフィティアートの種類

タグ

単色のフェルトペンやスプレーで
自分の名前ややグループ名を
サインする行為。

 

スローアップ

単色か2色の色で数分で書き上げた文字
タグの文字を風船で膨らました感じ。
バブル、レターもこれに含まれ場合があります。

 

ブロックバスタ

3色以上の色を使って、読みやすいフォントで
書かれた強大なグラフィティ

 

ピース

多彩な色を使って、時間をかけて
絵や文字を描いたもの。
文字だけをレター
人物や動物をキャラクターと分類します。

 

プロダクション・ミュラール

壁一面に一人から数人のライターが
ピースを描き、より芸術性を高めたスタイル

 

グラフィティアートの分類は後付なので
ちょっと曖昧な点もあり

 

タグ、スローアップはグラフィティの中でも
公共物破壊する行為が多いようです。
公共物破壊はヴァンダルと呼ばれています。

 

元々はギャングが行っていたので
グラフィティには反社会的な行為が
含まれている場合があります。

 

なので描かれた場所によって

トレイン・トレインボム

 

電車などに描かれたグラフィティ

 

 

ルーフトップ

 

ビルの屋上など高い場所へ描かれたグラフィティ

ちなみに画像はメキシコにある北米で最も高さのある
Metlac高架橋で高さ131m。
中央までスプレー手持ちでww

 

難易度が高いグラフィティは
特別な意味があります。

 

公園、橋、建物、地下鉄(電車)、窓
グラフィティアートの多くは所有者に
無許可で行われる行為が多く
日本に限らず世界各国で社会問題になっています。

 

ニューヨークではジュリアーニ市長が
ストリートの落書きを消す活動もありました。

 

犯罪の発生率は減少したそうです(^_^;)

 

ちなみに日本で電車に落書きすると
器物破損で逮捕されるだけでなく
多額の損害賠償も請求されるので
気をつけましょう(^_^;)

 

グラフィティアートのバンクシーをわかりやすく解説!

 

現在、世界的に注目を集め活躍する
クラフィティアーティストをご紹介!

JR

SWOON

UFO

KIDULT

 

今回は世界的に有名なグラフィティアーティスト
バンクシーについて調べてみました。

 

バンクシーとは?

グラフィティアート業界では有名なライターの
バンクシーはイギリス出身のアーティスト。

 

技法の多くはステンシルといって
型紙を切り抜いてスプレーで
素早く描く技法です。

 

自身が監督した映画
『バンクシーの世界お騒がせ人間図鑑』は
アカデミー賞にノミネートされました。

 

作品は100万ポンド(1.8億円)で
ブラピ夫妻が落札するほど高値に

 

ロンドンの街にあるバンクシー作品は
政治的な風刺画が多いために
政府から消されることも多かったのです。

 

警察に追われながら市民に支持される活動が
SNSなどを通じてバンクシーの支持率が爆発し
彼のグラフィティーアートを残すか
国民投票が行われました。

 

結果は97%が残す結果となり、国からの
容認を勝ち取りました。

 

その後はバンクシーの作品は
観光スポットにもなるので
落書きがガラスケースで保護され
芸術作品として街に残されています。

 

ロンドン以外にも世界各地に
バンクシーの作品は点在しています。

 

この他にも実験的な行為が多くて
この動画、とても面白いです。

 

アートとは?何?

バンクシーは挑発的に
現代の価値や社会について
疑問を投げかけます。

 

まとめ

グラフィティアートとは?
意味や定義とアーティストでは
バンクシーについて
まとめてみました。

メキシコも多いのですが
田舎ではクオリティーがかなり低いです(^_^;)
まだこれから伸びそう

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です