子供って天才なの?絵を描くことで育つ子供の才能とは?

絵を描く時によく子供は天才っていわれるよね。

この場合の天才ってどいうことなのか?

絵を描くことで育つ子供の才能ってどんなことなのかご紹介します。

 

絵を描くうえで子供は天才ってどういうことなのか?


天才っていっているけど、実は曖昧な表現じゃないかって思うんだ。

ここで一般的に考えられるのは 突出した才能がある! よりも

天才!   理解不能 大人には出来ない表現    という意味で使われているんじゃないかな?

じゃあ大人に出来なくて子供にできることってどんなことだろう?

 

子供らしく表現すること


大人になると失われるのは子供らしさじゃないかな?

大人になると様々な社会的な責任もでてきて

子供のようにはなかなか無邪気にできないよね。

子供らしさって 周りを気にしない 楽しむこと

遊びに対する集中力じゃないかな?

本質的な部分では 遊び心を失わないで 大人になることは可能だよね。

きちんと社会的な責任を果たしながら

遊ぶ時には遊びを存分に楽しめばいいよね。

仕事は遊びと楽しんでる人もたまにいるね。

絵を描く人って遊び心を持ち続けている人が多いよ

それは大人になって仕事をする状況でも

新しい発想を生み出すきっかけが多い効果があるんじゃないかな。

 

生まれつきの才能ってあるのかな?


絵に関してなんだけど 生まれつきの才能はある。

ただ才能×のちにどれだけ集中して制作したか

単純に才能×努力じゃなくて

ホントに好きで楽しんで集中できてる人はそれを努力に感じてないんだ

その姿勢が元々ある才能という種をみごとに花開かせるように感じるよ

だから成功するかしないかは のちの続け方、集中力によるよ

それだけ好きにハマれる、集中できることを最初から選んで

出会えたら 幸せってことかな。

 

生まれもったものと環境


人生の中で集中して 本当に才能という種から満開の花をさかせるって

その人の 環境がとても大切。

花に例えてばかりだけどw

やっぱりキチンと日の光を浴びて 正しい方向を向いて

ちゃんとした土壌にしっかりと根を張って

土と水の栄養を 疑いなく

ドンドン吸収するイメージかな。

それは例えると親や身近な人の愛情だったりするよ。

土が家庭環境で 水が愛情ある言葉や励まし、態度。

けっこう親の責任は重大だよね。

 

絵で才能をのばすには?


子供の時期って限られているよね

最初の原体験として やっぱり絵を楽しむ気持ちを

どうやって育むか? それがとても大切だと感じるよ。

のちのち自分ですくすくと成長していくには重要じゃないかな。

 

 

まとめ


絵はとにかく子供の才能を引き出す手助けになるよ。

子供のうちは とにかく遊びを楽しむように

絵の楽しみ方を伝えることが大切だよ

親は暖かく見守ってあげてほしい。

コメントを残す

*