Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外って危ないの!?メキシコで気をつけること

日本と比べて
それよりも安全な国ってあまりないんじゃないかな
なにが危ないのか?を知った上で 回避していけば大丈夫!
気を付けたほうがいいのかなと思うのは主に2点

それは時間帯場所

宿泊先はインターネットで事前に予約できるけど
もし旅行などで現地で探すことになる場合

明るい内に宿を探したほうがいいかも。

夜になると気持ち的にも余裕が無くなって
危ない確率が高くなるから。

 

 

日常生活でも暗くなったらあまり出歩かないなど
日本で生活する時よりも注意は必要。
移動手段で車などが手に入ったら
状況や行動範囲が大きく変わるよ。

 

車を使えるようになると移動の安全は確保されるけど
メキシコの場合、注意点は駐車するとき。
車を離れる間 車内に荷物を置いたままは危ないよ。
車上荒らしに目を付けられてしまうから。
そしてドアガラスを強引に割るなど方法が荒い….

ほんの5分くらいでも被害にあう場合が。

 

 

また服装もあまり目立つような恰好は
狙われやすくなるので 地味な方が良いかも。
これは個々の判断で自由だけど。
襲う側も 誰を狙ったら成功の確率が高いのか?
という事を考えているんじゃないかな。

 

ちなみに小学校や中学校では
親が子供を送迎することは当たり前になっている。
理由は誘拐が多いから。
買い物の時でも目を離さない様に注意したほうがいいよ。

 

 

 

理由は格差社会だから
やっぱり貧しい人も多くて
悪い行為をする人が比較的多いことを前提に
色々な仕組みが考えられてるよ

 

各地域に危ないエリアが存在していて
そこはやっぱり貧しい人が住んでいる地域だったり
そういった場所には最初から近づかないほうがいいのかも

逆にお金持ちが住むエリアもあって
そこは安全が担保される代わりに
地価や家賃が高いんだ。

 

 

それぞれ家の作りも少し違っていて
一般的に塀が高い感じがする
あと有刺鉄線もはってあったり
門番がいる家もめずらしくない。

 

きちんと現地の情報を判断した上で
自分がどれを選ぶかということ
貧富の差が大きい分それだけ選択肢の幅が広い
ネットの情報もいろいろ活用できるけど
現場の皮膚感覚のようなものって大切だと思う
自分の肌で感じて自分で判断することって大切だよね

 

 

知らないことが恐れを生むので
きちんと知ったうえで
きちんと自分の身や家族を守りながら
楽しく生活しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です