メキシコでお腹が痛くなった時の対処法

コカコーラの消費量が世界一のメキシコ。
色々理由はあるのだけれど。
その一つにはパーティがやたらと多い!
誕生日は死ぬまで毎年お祝いするよ。

考え方によってはそれも普通かな。
毎月 なにかしらの休日があって
それに向けて働くような感覚………

 

一度だけ
メキシコのコーラと日本のコーラを飲み比べてみたけど。
ちょっとだけメキシコのコーラの方が美味しく感じた。
気のせいかもしれないから機会があれば試してみてね。

 

 

 

なんで味が違って感じるの?と考えたら
たぶん軟水と硬水の違いがあって
メキシコの水は硬水でカルシュウムが多いようだ。

飲水には気をつけたほうが良いかも。
蛇口から出る水道水を直接飲める国って少ないよね。
日本にいるときにはあたりまえだったことがはすごいと感じるよ。

 

 

 

メキシコの水道水は直接は飲めない。
通常生活の為に使う水は
ガラフォンというタンクを買う。

20リットルで150円ほど。
メーカーによって少し違いがあるようだ。

 旅行であればペットボトルの水を購入すれば大丈夫。
日本と同じサイズで販売されているよ。

年に一回ほど日本人のアーティストを招待して
滞在制作や展示をしてもらう企画を立てている。
1
ヶ月ほど滞在する機会があるなかで
みんな大体 一週間くらいでお腹を壊しているよ。
たぶん 食べ物より水が合わないんじゃないかなと感じている。
ボクはもう慣れてしまったw

 

 

もし下痢になった場合は抗生物質を薬局で処方してもらえる。
薬局の隣にドクターが待機していて診察は無料なのだ。
首都だと300円くらい払うようだ。
症状が軽い場合はオススメ。

日本の薬だと効かないことが多く
早めに診察を受けたほうがお得かもしれない。

 

 

 

メキシコは4月前後が一番暑い
この時期 食べ物も痛みやすいので
路上の屋台で食べるタコスなんかも気をつけたほうがいいよ。
きちんとしたレストランで食べれば大丈夫。

外食で安いレストランで食べる時には 生野菜と氷に気をつけて
ちゃんと火が通っているものなら安全なので
おなかたいせつに 楽しみましょうー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です