ハポネコの冒険

メキシコから 海外生活×アート=自由なアーティストのブログ

絵に関するコト 絵の上達方法 絵の準備

初心者が絵を描く前に決めたい!自分に合ったテーマの選び方

投稿日:

これから絵を始めたいときに

やみくもに突っ走るよりも

ある程度 こっち方向に行きたい!って方角は決めたほうがいいよね。

それを手助けしたいテーマの選び方だよ。

今回はどうやって決めていくのか

具体的な方法をお伝えするね。

 

自分の好きなコトを分析してみよう


好きなこと キライなこと って

違いはなんだと思う?

一つは 情報量の差なんだ。

好きなコトってよく知っているよね?

だから好きなコト、モノを作品のテーマや

モチーフ(描く対象物)に選んだ方が 描きやすいよ。

好きなコトには自分の体験や経験、

想いやいろいろなコトが含まれているよね。

その中の言葉にならないコトや

目に見えないことって とても大切だよ。

絵はイメージ遊び 連想ゲームだから なるべく言語化しないで

イメージ同士を組み合わせていくと面白い作品になるよ。

 

 

じゃあ嫌いなことって必要ないの?


いや そうではないんだ。

キライなことの中にも大切なものが含まれてる場合があるよ。

とてもキライって好きなコトと同じくらいの

エネルギーが消費されてるよ。

そこに情報量を足していったら

いつのまにか好きになる可能性もあるよ。

じつは好きか嫌いかってとても曖昧だよね

自分が思い込んでつくっている世界の見え方かもしれないね。

 

一番問題なのは無関心で興味がないことなんだ。

全てに興味がないとなると

ちょっと病気になっちゃうかもしれないね。

 

 

自分の体験から得たこと


ボクはすべてのモノが灰色に感じていた時期があったんだ。

風景なんかみても あまり色が感じられない感覚。

なにをやっても無気力でやる気が出なくって 楽しくなかったよ。

その感覚が変わったきっかけは

バイクを運転する事だったんだ。

命の危険を感じることがあって

まだ死にたくない 生きたい ってしっかり意識することで

世界の見え方がずいぶんと変わったよ。

 

バイクって元々は好きではなかったんだ。

どちらかといえば絵と全く関係ないでしょう?

友達の影響で だんだん楽しそうな情報量が増えていって

自分も乗ってみたーいって 少しずつ変化していったよ。

だから好きなことが見つかるって

人間関係や友達も大切ってことだよね。

意外なことが重なって世界がひろがるよ。

 

 

ちょっと話がそれてしまった…..

絵を始める前に 自分に合ったテーマの選び方をお伝えしました。

好きなコトをテーマにしたほうが長くたのしめるよね

あまり無理せずに ちょっと時間がある

のんびりできる休憩時間に考えてみてね。

ぜひお試をー。

最後まで読んでいただき ありがとうございます。

-絵に関するコト, 絵の上達方法, 絵の準備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者におススメ!絵を始める前の3つの準備について

これから絵を始めてみたいと思ったら いったいどうやって描きはじめたらいいのか? どこから手をつけていいのかわからないよね。 コツってあるだろうか?

画家ゴッホが使った!知られざる3つの方法

「炎の人」 、「情熱的な画家」、「狂気の天才」 様々なイメージを持って語られるね。 ゴッホを知らない人はあまりいないんじゃないかな? 世界的に有名な画家だよね。 でもこのブログではあまり知られてない意 …

アートはどうやって始まったのか?絵の起源?洞窟画とは?

絵ってどうやって始まったんだろう? 一般的に語られる洞窟画の起源から ボク自身が考える妄想力をつかってお伝えするね。

絵を描くときの鉛筆?初心者はなにがいい?

文字を書くときにどんな鉛筆を使っているかな? 今はパソコンやスマホでの入力がほとんどだけど。 絵もデジタル化が進んでペンタブレットが活用されている。 ただ鉛筆はある時代では最先端のテクノロジーだったの …

絵を描く時に使える!発想力の鍛え方!インスピレーション?

はじめに 世界には様々な作品、絵があって 絵の描き方も多種多様だよね。 本質的には 自分の世界観 → 世界の見方 独創性→オリジナリティをどうやって表現するか?だと思うんだ。

プロフィール

profile_zin
アーティスト・ハポネコ

メキシコ生活12年目で発見したアートを通じて楽しく自由に生きていく方法。
⇒ ハポネコとは一体どんな人物?