初めて絵を描く時の心構え!?初心者のマインドとは!

心構え! マインドとは! などなど

ちょっと偉そうにきこえるかもしれませんが

絵を描く前に考えておくと

上達がはやくなるかなと思うポイントです。

気軽な気持ちで読んでいただけたら幸いです。

 

最初はよく観察するコト


人の数だけ様々な絵のタイプが存在するよね。

最初は何か描きたいという衝動があるんじゃないかな?

例えば 素敵な作品に出会って 自分でもやってみたい!

美しいものに出会ってそれを美しく表現したいなどなど

いろいろなきっかけがあると思う。

描くためのなにかの対象物があるとしたら

手を動かす前にじっくりとそれを観察して欲しい。

ちなみに

一般的に絵の世界で対象物はモチーフという

フランス語で表現するよ。

 

 

日本語では見ると観るは違う漢字を使うよね。

普通の生活ではボクらは見てる

ただ目に映るものを流してる感じなんだ。

観るってその目に映った情報をきちんんと脳内で処理する感じ。

ただボーッとみてしまってはいけないってことかな。

 

観ることに関して様々な方法があるよ。

それを主に学んでいくのが素描というよ。

一般的にはデッサンとまたフランス語w

ものの見方を学ぼう!というのがデッサンの基本スタイルなんだ。

 

だから見方、見る方法を学べば

いろんな世界の広げ方を獲得できるよ。

いろんな角度でものごとを観察することができるからね。

 

 

簡単な見方


書道ってみんな習うよね。

筆に墨を付けて紙に文字を書くあれですw

最初は文字の形 フォルムを勉強よね。

文字の形がわからないと書けないからね。

くり返し書くよね。

具体的なテクニックは線の入り方かた太さを変えるために

筆圧のコントロールから留め 線の終わり方など

最初は毛筆を自分が思う様に操作するのが難しいよね。

次に大切なのは余白だと思う。

紙の中でどんなサイズで収めるのか?

それは自分の表現したい文字や形

感情あるいはコンセプトによって違うかな。

それは絵で言うと構図だよね

文字と余白のバランスが重要だよね。

文字だけでは成立ないんだ。

 

ここでの見方は ポジとネガの関係だよね。

 

絵だけに限らず彫刻でも 作品の形が大切だけど

それを設置する空間も大切で

その関係性って無視できないよね。

突き詰めると 宇宙との調和なんだけど

ボクもまだそれを語るだけの経験は少ないよw

 

また次の機会に説明すね

以上が 初めて絵を描く時の心構え!

初心者のマインドとは!でした。

お読みいただいて感謝

ありがとうございました。

コメントを残す

*