ハポネコの冒険

メキシコから 海外生活×アート=自由なアーティストのブログ

絵の上達方法

初心者が絵の上達を早める方法

投稿日:2017年6月14日 更新日:

絵の上達方法で
早道ってあるのかな?
最初はどこから手をつけたらいいのか
全くわからないよね。

絵が早く上達するには ゴールの設定が大切だよ。

 

自分がどんな作品を作りたいのか? 表現したいのか? は重要だよね。

それも初めての時はまだハッキリとしない場合が多い。
最初は 自分の好きな作家のマネでいいと思う。

最終的に自分のオリジナリティーがみつかれば大丈夫だから
その手段と割り切って大丈夫。

最初から独創性のある作品はなかなかできないよ。
とにかく動いて 試しながら 自分のスタイルをみつけてみたらどうかな?

 

 

 

それで最初の最初は 色々な 作品を見てほしい。
インターネットで検索して手当り次第、画像保存していくと
大体の自分の好みの傾向がわかるよ。
その時は他人の評価は気にしないで
なんで自分がこの作品が気になるのか?

ひっかかる所を 自問自答して丁寧に分析してほしい。

あと とても気になる作品があれば 本物をみてほしい。
絵肌やタッチって なかなかモニター越しでは伝わりにくいよ。

美術館やギャラリーで時代を超えて伝わる臨場感
作品の裏側にある息遣いを想像して感じてみよう

作品が決まったら真似てみよう

 

 

 

一番簡単なのは紙に鉛筆や色鉛筆。
模写してるうちに ただ見てるだけじゃ

気が付かないところとか発見できて楽しいよ。

ボクはメキシコについた当初 オルメカヘッドという巨石を模写していた。

 

 

重さが2トンぐらいのものもあって

どうやって運んだのか? その目的などまだ謎が多いんだ。

見つかっているのは全部で18体
まだ埋まっているらしい….

模写していると 帽子のような被り物が
ほとんど同じ位置にあるのに気がついた。
これって多分 国家プロジェクトのようなものだから
マニュアルがあるんだなと 想像したよ。
大きくて時間がかかるし、万が一
彫る人がいなくなってもひきつげるよね。

 

 

考古学の研究論文なら 物証を元に証明しなくちゃいけない。
でもアーティストは妄想力で
イメージを押し広げたらいいと思うよ。
自由にね。

自分なりのイメージを膨らませるのが大切だよね。

楽しみながら自分らしく絵を上達させようー

-絵の上達方法

執筆者:


  1. […] 初心者が絵の上達を早める方法 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者におススメ!絵を始める前の3つの準備について

これから絵を始めてみたいと思ったら いったいどうやって描きはじめたらいいのか? どこから手をつけていいのかわからないよね。 コツってあるだろうか?

これから人物デッサンを始めたい人へ 最初の5つのコツ!

これから人物画やデッサンを始めようとするときに どこからとりかかればいいだろう。 できれば最初から正しい方向を見定めて そこに向かってきちんと紙の上やあるいはデジタルで 経験値を積んでいけたらいいよね …

初心者が絵を描く前に決めたい!自分に合ったテーマの選び方

これから絵を始めたいときに やみくもに突っ走るよりも ある程度 こっち方向に行きたい!って方角は決めたほうがいいよね。 それを手助けしたいテーマの選び方だよ。 今回はどうやって決めていくのか 具体的な …

絵が上手とは?上手い絵とは?

ボクは今、メキシコの芸術大学で絵の講師として働いている。 大学といっても 日本の受験の様な厳しさは無くて みんな初めて絵を描きはじめるようなレベルで入学してくる。 日本の中学生の方が技術的には上手いか …

初めて絵を描く時の心構え!?初心者のマインドとは!

心構え! マインドとは! などなど ちょっと偉そうにきこえるかもしれませんが 絵を描く前に考えておくと 上達がはやくなるかなと思うポイントです。 気軽な気持ちで読んでいただけたら幸いです。

プロフィール

profile_zin
アーティスト・ハポネコ

メキシコ生活12年目で発見したアートを通じて楽しく自由に生きていく方法。
⇒ ハポネコとは一体どんな人物?