ハポネコの冒険

メキシコから 海外生活×アート=自由なアーティストのブログ

メキシコの日常

メキシコで五感をひらくバードウォッチング

投稿日:2017年5月29日 更新日:

チャレンジというと気負ってしまってちょっと大変な感じだけど
今までやったことないことをちょっと実行するのって

新しい感覚に出会えたりしてとても面白いよ

日常のマンネリが変わる感じで
今いるところでできるちょっとした冒険。

そこで
今日は生まれて初めて バードウォッチングに行った。

ボク 鳥にほとんど興味ないんですね
なんで行ったかというと たまたま友達に誘われたから。

 

まだ薄暗い朝6時 集合
乗り合いバスで20分の 山の中へ
無料だからなのか 参加者は20人ほど。
思ってたより多いな….

 

ちなみに乗り合いバスはコンビと言って
前払い、どこまでいっても 40円くらいで とても安い。

 

現場に到着
朝は気持ちが良いね。

 

 

 

 

そこから山道歩くんだけど 最初はどこに鳥がいるのかわからなくて
なぜか友達の朝シャンの匂いが気になってしょうがない。

双眼鏡を借りたんだけど
プロの方があれ!って指差して
その方向にパッと向いて双眼鏡を覗いても 視界になかなか
野鳥が入ってこなかった。

 

でも このとき  あ これ一種のゲームみたいだなって感じた。

 

 

 

歩くときも大きい声で会話できなくって
足音も極力たてない。
ちょっとした縛りの中で
いかに観察できるか。
カメラ持ってる人は写真ゲットできるかなんだけど

 

そのうち 山の中にいると
五感が冴えてくるというか
最初は音、耳で鳥のさえずりを聞き分け
目で影や動きをすばやく察知して
最終的には気配?のような
どこから出てくるか予測できる様になるというか…

 

そして 段々と 参加者の意識が
鳥に集中していって
なんか不思議な一体感を味わえたよ。

 

それがとても楽しかった。

 

 

 

結果 鳥 大好きになりましたw
ボクの中では まだ あいまいに鳥なんですが
一緒に参加されてたプロの方々は
小さい図鑑を持ち歩いていて
それぞれ違った種類、キャラを感じていた様だった。

 

自分でも予測できない出会いって大切だよね

誘ってくれた生物学者の友達に感謝!

 

早速 図鑑をとりよせた
次は もうちょっと攻略できるかな

 

PS 来週は植物園です

-メキシコの日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メキシコのサルサ教室で習うこと教えること

メキシコに来て初めてのサルサ教室 月謝を払って習うことにした。 生徒も若干多め。 時間帯は午後5時から9時まで その間に1時間 好きな時間帯で習うことが出来る。

メキシコでサルサを踊る

近所に住む大学生 ホルへくん 建築学部の学生らしい 以前にキューバ人にサルサを習ったらしく それを彼の自宅で教えてくれた。 一時間 100円だった。 安い……  

メキシコのコーヒーの原産地!チアパスにある創業50年のカフェ

メキシコの南にあるチアパス州。 コーヒーの原産地でもあるよ。 町には沢山のカフェがあるんだ。 その中でも創業50年のカフェへ。 なかなかの老舗だよ。

メキシコでサルサという踊りをはじめてみる

まさか こんなことになるとは… 大音量が鳴り響く会場の片隅で ボクはプルプルと子猫の様に震えていたのだった

メキシコの地震の被害がヤバい?M8はチアパス州で!

日本時間の9月8日13:49頃に メキシコ・チアパス州沖を震源とする M8.0の地震が発生しました。 現地では夜の11時49分に発生しました。 メキシコ・チアパスの現地から生の被害状況をお届けします。 …

プロフィール

profile_zin
アーティスト・ハポネコ

メキシコ生活12年目で発見したアートを通じて楽しく自由に生きていく方法。
⇒ ハポネコとは一体どんな人物?