ハポネコの冒険

メキシコから 海外生活×アート=自由なアーティストのブログ

絵に関するコト 絵の上達方法 絵の準備

初心者におススメ!絵を始める前の3つの準備について

投稿日:2017年4月26日 更新日:

これから絵を始めてみたいと思ったら
いったいどうやって描きはじめたらいいのか?
どこから手をつけていいのかわからないよね。
コツってあるだろうか?

様々なアプローチが存在するけど
具体的に どんなテーマが自分に合っているのか?
絵を始める前にそれを探す方法と準備について

 

誰でも記憶ってあるよね

 

その記憶や思い出を好きなように描いてみてはどうかな

 

 

 

まずコピー用紙を4つ折りに切って
小さい紙を12枚ほど準備します
描く道具は鉛筆や色鉛筆
家にある材料ですぐにできるよ。

 

とにかく思いつくまま

 

頭に思い描いたものをそのままに
上手く描こうと思わないで
自分の感じたことをどう表現したら伝わるか
それを考えることが大切。

 

ポジティブな記憶、ネガティブな記憶、どちらでも大丈夫。
大きく影響を受けたと感じることを正直に。

 

 

 

ボクは一番最初の絵の授業で
自己紹介代わりにやっているよ。
言葉だけの普通の自己紹介と違って
その人の新たな一面に出会えて とても楽しい。

最初に項目があると描きやすいかもしれない。

 

 

 

 

1.好きな食べ物


匂いや味って色も形も無い。
だから色々な色や形に例えると面白いかも。

子供の時に土を食べていた生徒さんがいて
それが3人ぐらいいて メキシコあるあるなのか?と思ったけど。
いや なかなか珍しいと思う…..

 

 

 

2.昔行った場所、あるいは住んでいた好きな場所


これは原風景といって 自分にとって大切な風景
影響を受けた場所って創作のヒントになるよ。

ちなみにボクの原風景は阿蘇山。
火の神様や 山々の神話とか。
今もまだいろいろ調査していて楽しいよ。

 

 

 

3.家族やペット 動物


身近な人って大切で色々な影響を与えて貰ってるから
動物も人それぞれ 様々でおもしろい。
あとそれに関する愛情や大切な気持ち。
愛には形がないから オリジナルな表現に繋がるチャンスが大きい。

なんとなく画面に描くサイズで
その大きさも比例している様な気がする。

 

最初は小さな紙から始めるんだけど
そのうちに どうしてもこれ大切だな
大きい画面に表現してみたいな
って気持ちが芽生えるから。

その時に またそのテーマにあった技法を
学んで表現できればいいとおもうよ。

 

 

最初から理想の自分や先入観がありすぎたり
気負いすぎたりすると すぐ手詰まりになることが多いから。
休み時間の落書きのようにやってみてね。

 

まとめ


初めは 遊びのつもりで 気楽に進めていった方が
新たな自分に出会える事もあって楽しいよ。

絵ってイメージ遊び、連想ゲームだから

初心者であれば遊び感覚で絵を始める前に準備して欲しい。
慣れた人もたまに何かに行き詰った時に効果的です。

 

 

 

 

 

-絵に関するコト, 絵の上達方法, 絵の準備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者が絵の上達を早める方法

絵の上達方法で 早道ってあるのかな? 最初はどこから手をつけたらいいのか 全くわからないよね。 絵が早く上達するには ゴールの設定が大切だよ。

タイで気づいた絵を描くときのコツ! 赤ちゃんになろう !

タイでタイ語を学ぶ語学学校の授業に 潜入したことがある。 こっそりと〔笑〕 教壇があって そこにタイ人の二人の男が立っていた。 先生が二人??

子供って天才なの?絵を描くことで育つ子供の才能とは?

絵を描く時によく子供は天才っていわれるよね。 この場合の天才ってどいうことなのか? 絵を描くことで育つ子供の才能ってどんなことなのかご紹介します。

画家ゴッホが使った!知られざる3つの方法

「炎の人」 、「情熱的な画家」、「狂気の天才」 様々なイメージを持って語られるね。 ゴッホを知らない人はあまりいないんじゃないかな? 世界的に有名な画家だよね。 でもこのブログではあまり知られてない意 …

絵を描く人が展覧会!?企画する時に必要な5つのポイント

自分で作品を制作すると発表する機会も多くなるよね。 色々とグループ展なんかに出品していくと 自分でも企画を立てて展覧会ができるようになるよ。 ボクはどちらかというと企画をたちあげる方が楽しくて好きだ。 …

プロフィール

profile_zin
アーティスト・ハポネコ

メキシコ生活12年目で発見したアートを通じて楽しく自由に生きていく方法。
⇒ ハポネコとは一体どんな人物?