これから人物デッサンを始めたい人へ 最初の5つのコツ!

これから人物画やデッサンを始めようとするときに
どこからとりかかればいいだろう。


できれば最初から正しい方向を見定めて
そこに向かってきちんと紙の上やあるいはデジタルで
経験値を積んでいけたらいいよね。

 

ただ初めての場合 どこに向かっていいのやら わからないよね。
初心者の方やこれから人物デッサンを始めてみたいと思っているあなたへ
5つのコツを提案するよ。

 

 

 

1  観察する習慣


枚数を重ねることが大切と最初にいっておきながら
最初の最初はちょっと手を動かす前に考えて欲しい。

目の前にある世界をどう捉えるのか?

観察こそ命! 気づき、発見は楽しいし創造(クリエーション)の基本だよ。
目の前にある世界の情報を どう取捨選択するのか
自分のフィルターを色々と備えると
自分らしい世界観、独創性のある表現につながるよ。
絵を描かない時間も 有効になるね。

それを言葉なのか絵なのかあるいは映像なのか
技法(テクニック)はあとからついてくるよ。
手を動かす前に観る時間を増やしてみよう。

あなたはこの世界をどうとらえていますか?

 

 

 

 

 

2  道具の選び方


技法はデッサンなので 紙 鉛筆  木炭 ペンタブ
自分にあった道具を選ぶといいよね。
自分に合うかどうかは自分で試す必要がある。
一番安いのはコピー用紙に鉛筆だよ
まずはそこから始めて 徐々にステップアップしたらどうかな
鉛筆についてはこちらで少し詳しく説明してるよ

絵を描くときの鉛筆って?なにがいいの?

探し求めていたら必ず自分の感覚になじむ道具にめぐり合うよ。
その時に自分が捕らえた世界観をどう表現したいのか?
道具の使い方と一緒にぜひ試行錯誤して考えて欲しい。

 

 

 

 

 

3 比率 プロポーション 形


絵を描く対象物として 人物は難しいよ。
ボスキャラだよ。
なぜかというとそれだけ人体は複雑で情報量が多いから。
初めてデッサンを始める場合は もっと情報量の少ない
単純な形のモノを選ぶよ。

例えば 人物 > 動物 > 果物  > 卵

モノによるけど情報量が多い順番にならべるとこんな感じだよ。

あとは人物って一番見慣れているから
少しでも形がおかしいと気がつきやすい。
一番いいのは自然にみえることじゃないかな。
この自然って解釈は様々あって難しいんだけど

最初は 人体を単純化させるところから始めてみよう。
例えば輪郭線→骨格の比率→筋肉→細部のように
勉強する正しい順番があるよ。

 

 

 

4 とりあえず一度は行動してから技法書などで確かめる


最初から知識をとりいれて頭でっかちにならないで
一度でも実践してから 必要な情報や
技法書を探したほうがいいよ。

最初のおススメはこの2冊

  • 人体デッサンの技法  ジャック・ハム
  • やさしい人物画   A・ルーミス

内容を確かめてどちらか選んでみてね
ちなみにボクはルーミス派ですw
このどちらかの本で 勉強していく順番がわかるよ。
その後  必要に応じて 解剖書など本を買って
知識を増やしていくといいよ。

 

 

 

5 繰り返し反復練習


実践と分析その成長を楽しむ
最初は筋トレの様です。
正しくやった分だけ確実に上達するよ。
一度はまってしまうと 楽しくてしょうがない。

最初は難しいけど 段々 形を捉えられるようになると
上達のスピードが増すよ。

 

 

まとめ


人物デッサンやクロッキーは 視覚表現を学ぶ上では王道で
それだけに得るものが多いよ。
ぜひ正しい方向を見定めて コツコツと楽しみながら
学んでいきましょーう。

コメントを残す

*