メキシコのコーヒーの原産地!チアパスにある創業50年のカフェ

メキシコの南にあるチアパス州。
コーヒーの原産地でもあるよ。
町には沢山のカフェがあるんだ。
その中でも創業50年のカフェへ。
なかなかの老舗だよ。

州都 トゥクストラは 今日も相変わらず暑いよ!
でも日差しが強いだけで 湿度は低く
日陰に入ると風は涼しくてカラッとして過ごしやすい。

日本の夏とはまた違った暑さ。
道が封鎖されてイベントらしきものが…

テントがカラフルでかわいい
市役所の前にタクシーがならんでるなぁ

この時点で これはイベントではなくちょっとした集まりかな? と感じる…
まだ集会なんかが多くて
たまーに町の中が歩行者天国になるよ。

メキシコの街は大体同じ構造、造りになっていて
街の中心部には市役所があって
その前が スペイン語でソカロといって広場になっているよ。
道を挟んだとなりには教会が立ってる。

毎日 人が多いんだよね。
なにか世間話してるというか。
ちょっとみんな何をしてるのかナゾなんだけどね。

スペイン語で町の中心はセントロ (centro)
北はノルテ (norte)  南がスール (sur)
東がオリエンテ (oriente) 西がポニエンテ (poniente)

中心部から西へ 半ブロック行ったところ
ほぼ町の中心にあるカフェ  アベニーダへ

実はあまり行ったことがなかったんだ
今日はたまたま歩いてて なんだか気になって入った。
なぜかというと いつもおじいちゃんでいっぱいだから。

あとクーラもなくて ネットもない
なかなかシブいよね

気になって 創業何年なの?って尋ねたら50年!と
気軽にいろいろと教えてくれたよ。
あと知らないおじいさんも加わってきたよ
70才らしくて このカフェに40年通っているらしい
俺は仕事したことねーんだ って自慢してたけど あまり深くは聞けないよね

味はかなりシンプル
日本人にとっては少し薄めに感じるかもしれない
ただお店の雰囲気が 面白いから もし旅行で訪れる機会があれば
ぜひ飲んでみてくださいね。
アメリカン 一杯 100円です。

ちなみにボクはコーヒー初心者なのです
いま4ヶ月目ぐらいで
以前は全く飲めなかったんだ。

メキシコに来て ちょっと薄めのコーヒーに出会って
だんだん飲めるようになったよ。

豆は沢山の売ってるんで
コーヒーを挽くミルを購入
それが4ヶ月前

フィルターが100枚なくなったので
100杯目の初心者だよ。

自宅で挽きたてのコーヒーが味は美味しい。

カフェに行くのはなにか気分転換したい時が多いかな

創業50年の繋がりってすごいよね
すごーくシンプルなのが秘訣なのかな
コーヒがつなぐ人の関わりが面白く感じたよ。

コーヒ豆を挽くミルが手回しで
最初は楽しかったんだけど 最近 ちょっと苦痛かなw
電動がオススメです。

ちょっと入れ方によって豆の挽き方を調整できたりするのが楽しいよね。
豆もいろいろあるからこれから少しずつ探しながら
メキシコ・チアパス原産のコーヒやカフェを紹介していきまーす。

それではー。

コメントを残す

*