ハポネコの冒険

メキシコから 海外生活×アート=自由なアーティストのブログ

メキシコのお役立ち情報

友達の国!?アミーゴの国メキシコとは

投稿日:2017年5月3日 更新日:

メキシコの公用語はスペイン語。
世界の20か国で話されている
英語に次いで話す人口が多い言語だよ。

スペイン語で友達はアミーゴと表現。
女性名詞と男性名詞があって
正確には男友達をアミーゴ
女友達はアミーガと表現するよ。

アミーゴの国 メキシコ!といったコピーを見かけたことはないかな?
とても明るい印象があるよね。
ボクが感じるアミーゴの国のアミーゴとは
強力なコネ社会という印象

例えが抽象的かもしれないけど
日本の公共の施設なんかで展覧会などする場合
企画書を申請して多数決で10人中7人くらいが賛成すると決まるイメージだけど
メキシコは 一人の権力の強い人物と友達なら 即決できてしまう。
この場合の権力の強いとは 例えば美術館の館長とかね。
作品ファイルをみせて はい決まった ってことが多いよ
日本とはちょっと仕組みが違うよね。

若いうちは実績もないから なかなか大きい公共の施設で
作品を発表するチャンスは限られるよね。
今はネット上で展開できる時代だけど
当時はなかなか難しかったよ。

当初はメキシコの即決で決まる形が
ダイナミックで話が早いと感じたんだ。
責任の所在もハッキリしてて 自分の感覚に合っていた。
企画もアイデア次第でおもしろがってくれたらOKだったよ。

あとメキシコの展覧会はすべて企画展なんだ
企画展とは だれか責任者がいて お金や場所など提供してくれること。
作品製作者であるアーティストは作品を作ることに専念できるよ。
そういった役割と責任の所在がハッキリしてて
日本よりも芸術・アート・アーティストが尊敬されている印象だよ。

でも しかーし

もし展覧会を予約したとするよね。
約束した責任者(メキシコでは男性の責任者をディレクト―ル・女性の責任者をディレクト―ラというよ)が
クビになることがたまにあって
そうなるとその部下も全部総取り換えになっちゃうんだ。

もちろんその時に決まっていた企画も ナシ
場所で引き継ぐことはあまりないんだよね。
人とのつながり 人次第。
企画そのものが飛ぶこと、消滅しちゃうことがたまにあるよ。

話は早いけど その時の力がある人って 一時的なポジションなので
任期の途中で交代させられちゃうことって多いんだ。
もしアミーゴと約束を取り次げたならば 早いうちにチャンスを掴む必要がある。
その上で あまりベッタリすることもなく
次に備えるような立ち回りとなるよね。

しっかりとした目的意識 ビジョンをもたないと
巻き込まれて すぐふっとんでしまうよ。
海外に住む日本人はその国で国籍を変えない限り
ずっと外国人だよね。
なんの考えなしに盲目的にアミーゴについていくだけでは体がもたないよ。

海外生活者は旅先の様な甘えは禁物かもしれないね。
クセを楽しみながら キチンと作品制作できる環境を整えていこう。

-メキシコのお役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メキシコでお腹が痛くなった時の対処法

コカコーラの消費量が世界一のメキシコ。 色々理由はあるのだけれど。 その一つにはパーティがやたらと多い! 誕生日は死ぬまで毎年お祝いするよ。 考え方によってはそれも普通かな。 毎月 なにかしらの休日が …

メキシコの治安は悪いの?海外旅行で危険を避ける5つの方法

結論からいうとメキシコの治安は悪い 日本と比べるとやっぱり悪い ニュースでご覧のとおり   ただニュースで取り上げられるのは事件ばかり ちょっと衝撃的な内容も多いけど でもそれは365日、8760時間 …

メキシコのコーヒーの原産地!チアパスにある創業50年のカフェ

メキシコの南にあるチアパス州。 コーヒーの原産地でもあるよ。 町には沢山のカフェがあるんだ。 その中でも創業50年のカフェへ。 なかなかの老舗だよ。

お得な海外留学!?とあるメキシコの芸術大学が安い!?

一般的に絵の勉強はどこでできるか? 身近なとこではカルチャーセンターかな。 今ではインターネットなど、独学で学べる環境は増えている。 しかし メキシコに来て思った。 日本の美術大学って学費高すぎじゃな …

海外って危ないの!?メキシコで気をつけること

日本と比べて それよりも安全な国ってあまりないんじゃないかな なにが危ないのか?を知った上で 回避していけば大丈夫! 気を付けたほうがいいのかなと思うのは主に2点 それは時間帯と場所

プロフィール

profile_zin
アーティスト・ハポネコ

メキシコ生活12年目で発見したアートを通じて楽しく自由に生きていく方法。
⇒ ハポネコとは一体どんな人物?